『VERDAD!!』を見たんだ・1

verdad

こっちゃん主演の舞浜アンフィシアター『VERDAD(ヴェルダッド)!!』—真実の音— のライブ配信を見ました。
7月10日(土)15:30~の千秋楽です。
作・演出は藤井大介先生。
ご挨拶その他でちょっと公演時間は延びてたみたいでお得でした(笑)。

今回も楽天の配信で見たんですが、トーク場面の音量がちょっと小さめでしたね……。MAXにしてても聞こえにくいところがあって辛かった。
コンサートだから歌に合わせて楽天側で音量を絞ってたのかな。
音が大きかったらこちらで小さくするので、配信側の音は大きくしといてほしいです。
(って、これは楽天に伝えるべきことだな)

さて、「REY’S Special Show Time」と冠されたショー(コンサート?)だったのですが、そのとおり本当にスペシャルな時間でした。

トップがこっちゃんなので当たり前ですがこっちゃんがセンター、もっとも出番・見せ場が多いのがこっちゃん。
大劇場公演でもそれは一緒ですが、人数を絞った小公演となれば比率はさらに上がる。

歌もダンスもスペシャルなこっちゃんがこれでもかと歌って歌って歌って踊る。
耳に優しいんですよ……!
エンドレスに礼真琴ですよ。
しかもライブコンサートなので普通の大劇場などでのショー以上に楽曲の幅が広くて、でもどれも上手いんですよ。

歌えない歌はないのか、礼真琴!!

楽しい、気持ちいい、ずっと聴いていたいという気持ちとともに、あまりの凄さに恐れおののかずにいられない部分があります。
でもやっぱり楽しくて心地良いんですけどね!

宝塚の伝統的な楽曲も、近年の作品から採用された歌も、J-POP(か?)も、ディズニー曲、外部のミュージカル曲もと盛りだくさんな内容でした。
どの曲もこっちゃんの手にかかれば歌も本望だろうよ。
男声も女声も高音も低音も自在で、際限ねーなー……!
オペラ座の怪人からウィキッドへの流れとか声の切り替えとか、ほんと意味わからんわ!!

第1幕は宝塚の曲がメインでした。
星組メドレーが中心で、たぶん年代順に歌ってたんだよね?(あまり昔のことはわかりませんが……)
かつての宝塚歌劇のトップスターで近年亡くなられた峰さを理さん、真帆しぶきさんの追悼コーナーもありました。

第2幕は外部の曲が中心で、コントっぽい場面もあって。
コロナ禍で去年できなかったタカスペの代わりみたいだったなぁ(今年もできる気がしない)。
このコンサートのために作られた主題歌も素敵でした。

トークも何度か入りました。
千秋楽はゲストがせおっちだったんですが、同期って尊いよね。
せおっちは爆発力がすごい。噂には聞いてたけどこの人面白すぎ。
女装しての動きのアレな感じとか、男役に戻ってもやっぱりトークが独特なところとか、そりゃ組を超えて友達もいるだろうよ。

ヒロイン・ひっとんも弾けてて可愛かったーーー!
ダンスはもちろん、歌もよかった。
可愛くてダンスが超絶うまくて歌も歌えて最高です。

男役の出演者が、こっちゃん、せおっちを抜くと、公演の長のみっきぃさんの次がしもちゃんというのにびびりました。
おおおお下級生と思ってたらもうこんな位置に!
考えてみりゃ彼らももう研10なのよね。
コンサートなので髪色とかも遊んでて、そういうところも楽しかったな。けっこう思いきった髪型の人もいたよね。

千秋楽ゆえにご挨拶もたくさんあって、ハケ際ごとに組子がわちゃわちゃとこっちゃんに絡んでくのが可愛かった~~~~!
前任のべにーさんとはまた違った方向で、庶民派トップ感があるんだよね。
なんでもできるトップさんなのに、気さくで、親しみやすい感じです。

【追記】
書き違えていたところ、言葉足らずだったところを修正しました。
ご指摘ありがとうございました。

18

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『VERDAD!!』を見たんだ・1” に対して2件のコメントがあります。

  1. 通りすがり より:

    しもちゃん(夕渚)の上にいーちゃん(音咲)がいますよ
    男役で、という意味ならしもちゃんですが。
    続き楽しみにしてます。

    1. ゆきたろ より:

      「男役で」というつもりでしたが、書き忘れていました。
      ご指摘ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。