『大逆転裁判』上演決定

宙組演目関連,宙組

今年夏の宙組DC/KAAT公演の演目が発表されました。
もえこの東上主演公演です、おめでたい!!

宙組の序列がそのまますんなりいくとなれば、もえこは宙の3番手でしょうしね。
いい時期だと思います。

大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- | CAPCOM

時代をゆさぶる、大逆転が再びはじまる。 「異議あり!」でおなじみの"法廷バトル"ゲーム 「逆転裁判」シリーズの時代よりもはるか昔 19世紀末・明治時代の日本と倫敦(ロンドン)を舞台に、 成歩堂龍一の先祖・成歩堂龍ノ介が活躍する大逆転劇! 緻密に張り巡らされた伏線とその回収、怒涛の逆転劇によるシリーズ最高峰のカタルシス!! 極上の法廷ミステリーエンターテインメントの決定版!! …

『逆転裁判』シリーズは過去に3度宙組で上演されたことがあり、私も観ました。
楽しかったなぁ。

蘭寿さんのときは主役の成歩堂龍一が「フェニックス・ライト」(ニック)と外国人名だったのに、今回は「成歩堂龍ノ介」と原作そのままの日本人名。
現代日本だと現実に近すぎて「夢の世界」として成立しづらいけれど、舞台が19世紀末であれば日本でも英国でも非現実の雰囲気を出せるからかもしれない。

演出は過去3作同様、鈴木圭氏。
久しぶりすぎる……!
しばらく表舞台で見てなかったけど、演出補とか新公担当とかはしてたんだっけ?
(そういや大劇場デビュー済の鈴木圭氏がずっと表に出てなかったのも、理由はいろいろ噂されてたなあ……文春ネタになるほどのものじゃなかった気はするけど)

過去作もいろいろとツッコミ入る出来だった気はするんだけど、楽しいものをお願いしたい。
また海辺が出てくるんだろうか?

2023年 公演ラインアップ【梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演/KAAT神奈川芸術劇場公演】<2023年7月~8月・宙組『大逆転裁判』>
2023.02.24

2023年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演/KAAT神奈川芸術劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

宙組公演
■主演・・・瑠風 輝

◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:2023年7月19日(水)~7月26日(水)<一般前売 2023年6月4日(日)>
座席料金…全席8,000円
◆KAAT神奈川芸術劇場:2023年8月1日(火)~8月8日(火)<一般前売 2023年7月2日(日)>
座席料金…S席8,300円 A席5,000円

ミュージカル・ロマン
『大逆転裁判』 -新・蘇る真実-
原作・監修・制作協力/株式会社カプコン
脚本・演出/鈴木 圭

宝塚歌劇×逆転裁判第4弾として、「逆転裁判」シリーズの主人公・成歩堂龍一の先祖、成歩堂龍ノ介を主人公とした大ヒット作「大逆転裁判」を舞台化!
法廷を舞台に、無実の罪に問われた依頼人を救うべく事件の真相を暴いていくゲーム「逆転裁判」は、累計販売980万本を超える大人気シリーズ。個性豊かなキャラクターや緻密に作り込まれたストーリー展開は絶大な支持を集め、ゲームの枠に留まらず映画やテレビアニメ等でメディアミックスされてきました。宝塚歌劇においても2009年に宙組で初演後、同年に『逆転裁判2』を、2013年には『逆転裁判3』を上演し、いずれも大好評を博した人気作品です。
弁護士を志す大学生・成歩堂龍ノ介は、最新の司法制度を学ぶ為、明治時代の大日本帝国から万国博覧会を目前に控えた大英帝国への留学を果たす。次々と難事件に巻き込まれていく龍ノ介は、法務助士の寿沙都らと共に依頼人の為に立ち上がるが、そこに世紀の大探偵シャーロック・ホームズが現れ…。「異議あり!」の名台詞から、絶体絶命のピンチを覆していく痛快法廷バトル、この夏、新たな真実が蘇る!

宝塚歌劇公式サイト
4