『NEW GENERATIONⅢ』・2

若手本『NEW GENERATIONⅢ』感想の続き。

・仙名ちゃんが歌をほとんど習ったことがなかったというのが驚き。
歌って練習も必要だけど、持って生まれたものが左右する部分が大きいよなぁ。

・りりかの字がすごくきれい。

・ゆかりのQ&Aは文字でぎちぎちだ。
長所として挙げている「一つのことに対してじっくり考えることが出来ること。」とあわせて、落ち着いた性格なんだろうなと思う。

・ついでに、あんりの長所は「意外と冷静」、短所は「冷静すぎる」。
冷静な姉妹なのか。

・はーちゃんの子供のころの将来の夢は「めだか」。

・「もし男役を演るとしたら…」の風ちゃんの回答「大暴れする派手な体力勝負の男」。
そりゃ「ふーちゃん♡」が「ひなみ!!」にもなるわ。

・月組3人娘の中では海乃さんが一番年上に見えるわ。

・一人写りのあんりがかわいいながらもラスボス感を漂わせている。

・美女・うらら様と一緒に写る娘役は気の毒である。どうしても比較されるからなー。

・月組生によって寝方をばらされたあーさ。
ぬいぐるみだっこはいいとして、「古い(きたなめな)枕に手を入れている」まで書かれた(笑)。
バラしの遠慮なさがさすが同期だ。

・えりたんにとって、最初は優等生という印象だったのにもはや”名前を聞くだけで噴き出してしまうくらい面白い存在”になってしまったというあすくん。
まぁ、あすくんだしな……。

・黒ひげは娘役のほうがざくざく刺す。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

乗りにいきたい

次の記事

違和感なし