『THE SHINSENGUMI』感想

『THE SHINSENGUMI』天王洲銀河劇場公演12月6日(金)14時の回を観てきました。
オギーに飢えてるの。

出演者のことはろくすっぽ知らないし、歴女でもないので新撰組隊士のことにも詳しくありません…。
近藤・土方・沖田あたりの超メジャーな人はいちおうわかりますが。
(『星影の人』その他、ヅカ作品で出てきた人ならなんとか)

・ショーとミュージカルの中間くらいの作品です。
五稜郭の戦いで土方らが話しているところから舞台はスタートしますが、時間は戻り、新撰組が水戸浪士組だったあたりから話は進められます。

オギー的な美しい舞台と思って観ていたら、序盤で「ビバ、尊王攘夷」と歌いだすのでどうしようかと思いました。
オギーご乱心かと。
(アフタートークショーで演じている側も動揺したらしいことが判明)

・殺陣の迫力がすごい。
立ち回りが真に迫っている。

それのみならず、ダンスの迫力がすごい。
普段見ている宝塚は男役といっても全員女性なので、同じようには踊れない。(もちろん宝塚には宝塚のよさがある)

・桂小五郎を演じる良知くんは美形。
女装しての「史実だから!」というメタ発言もあり。(みっちゃんを思い出したわー)
しかも倒れて脚を出すのがわざとらしくて笑えた。

・土方さん、なんかすげぇ。
迫力あるわ。

・アーネストサトウのいけ好かないしたたかさがすごい。
「夷敵」「外国」の象徴のような役。
これを相手に日本は戦ってたのかと思うと……。

舌をペロペロ出しながらの登場とか楽しかったわ。

・当たり前ですが、隊士たちが次々死んでいく。
「○○斬首」「○○刑死」などと淡々と名前が読み上げられるのが精神的にくる。

・金髪ふわふわ小僧のダンスがすごかった。
(名前がわからないので勝手にそう呼んでいた)

2回観たらまた面白かったかも。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『THE SHINSENGUMI』感想” に対して2件のコメントがあります。

  1. AMY より:

    土方役の東山義久さんが好きなので、大阪公演を観ました。金髪ふわふわ小僧さんの踊りは凄かったですね。東山さんの公演でよく見かけます。(私も名前がわかりません。プログラムも売り切れでした)
    出演者の実力が玉石混合で、最初はどういうテンションで見ればいいのか戸惑いましたが、「スターさんにときめいて、下級生はハラハラするのを愛でる」という、宝塚観劇で培ったワザが役に立ちました。

  2. ゆきたろ より:

    >AMY さま
    東山さん、素敵でした。
    私は早めに行ったためかプログラムを買えました。
    金髪ふわふわ小僧は長澤さんのようです。
    「愛でる」って素晴らしい技ですよね(笑)。
    こういう公演も楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。