保証

msn産経に、みっちゃんのインタビュー記事が出てます。 →コレ

来週土曜からはじまる『THE MERRY WIDOW』に関してや、専科生になっての気持ちなどを話しています。

芝居のダニロについては「一筋縄ではいかない役」と。
どう仕上げてくるのか楽しみ。

専科生になっての気持ちは、考えさせられます。

「専科は次の公演の保証がなく、呼んでもらわないと出られないし、呼んでもらえるような役者にならなけれいけない。」

組子であれば、小公演はともかく大劇場公演への出演は、よほどのことがないかぎり保証されている。
そういうのを失うのは心穏やかならぬことで、専科生というのは(宝塚以外の大抵の舞台人にとっては当たり前であったとしても)やはり不安を抱かずにはいられない立場なのでしょう。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

『DREAM,A DREAM』感想・4

次の記事

『DREAM,A DREAM』感想・5