『ナルシス・ノアールⅡ』感想・3

●ロケットセンターは咲奈。
長身男役のダルマは迫力。

横でばっちんばっちんウィンクを飛ばしまくってるさらさが気持ちいい。

雪組は下級生にけっこうドスコイがいるな…。
そのための有酸素運動だったのか。
体力勝負の全ツですが、おいしいものがたくさんの全ツでもあるのでなぁ……千秋楽あたりどうなっているのか。

●黒燕尾ならぬ白燕尾での男役ダンス。

ここだったと思うんだけど、えりたんの歌がとってもえりたん節で……今さらながらめちゃくちゃクセ強いよな……。
でも上手いんだかヘタなんだかはさておいて、このとってもねっとりした感動しそうなくらいに意味わからん歌いっぷりが、ヅカにはまる前に思っていた「ヅカっぽさ」そのものなんだよな。
だから仮に私が「初ヅカ」の人だったら、えりたんの歌いっぷりには感動すると思う。

●階段のセンター降りはたしか、さらさ(エト)→がおり・咲奈・きんぐ→ともみん→まっつ→あゆっち→えりたん。
まっつの歌、なっっがっっ!!
でも正しいと思う。

まっつ・ともみんはピンクの小羽根、あゆっちは外側がピンクで中が白い大羽根、えりたんはピンクの大羽根で白に黒がところどころ混じったナイアガラつきだったっけな。(うろおぼえ)

●最後のあいさつで「今日で梅田は最後ですが、まだまだはじまったばかりです。次は金沢です」と言うえりたん。
顔がドヤっていた。あ、いつもか。
きっと着いてこいよってことですね。
(私は行きませんでしたがS嬢のお母様はちゃんと着いていってます。さすがファンだ)

みとさんのご当地ジェンヌ紹介がグダグダでした。珍しい。
早くもお疲れ…?

紹介されたありちゃんが方々に投げキッスを飛ばしてました。
ももちゃんはみとさんのグダグダをカバーするためかどうかわかりませんが、すごいテンションで弾けてました。

●カーテンが降り、「すみれの花咲く頃」が流れても拍手は鳴りやまず。

えりたんが、大羽根を背負った姿でカーテン前に再登場。
「すみれも止まりました」みたいなことを言ってたのだけは覚えてる。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

16年ぶりに

次の記事

故郷に錦