『演劇ぶっく』2013年8月号

ちーちゃんとかいちゃんのインタビューが出てます。
2人とも黒の革ジャンでワイルドに。
季節感はありませんが、ダブル主演作のイメージに合ってます。

インタビュー中、お互いを誉めるところもありました。
ちーちゃんはかいちゃんの芝居がすごく好きだと言ってました。
かいちゃんは、舞台上のちーちゃんから醸し出される男役12年の陰のある色気が素敵だと答えてます。

「その時代、その時代でお客様に楽しんでいただける舞台を一生懸命作ってきたことが、100周年に繋がっていると思うんです。だから私たちも今、やるべきことをやるだけですし、それがまた何年か先に繋がっていけばいいなと。」というちーちゃんの言を受けて、
かいちゃんが「100周年をピークにはしたくないですよね。101年目、102年目が絶対にあるので。」と言ったのが心強いです。

100年はお祭りでも偶然でもなく多くの人の手により積み上げられてきた営為で、その中に彼女らもいる。
2人の言葉からは舞台への真摯な気持ちと、着実なものを感じるから。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。