数年後

72cb2cd6.jpg
今日は衣料品の買い物の後、一人でお茶です。
カプチーノに絵を描いてくれるお店です。かわいい。

家ではゲームかネットか昼寝になるので外で本を読む。

『おひとりさまの老後』楽しいです。
心強い本です。
「あたし寂しいのも1人で動くのも平気だわ…」と思い、独身街道に背中を押されてしまいました。
この年まで1人暮らしも経験してないのになに言ってんだ、という気もしますが。

いずれ結婚する可能性はゼロじゃないけど(まだ相手はいない)、今結婚したら100周年大運動会に気持ちよく参加できないんじゃないか、と余計な心配をしてます。

ちなみに昔知人に「結婚したらヅカに行きづらくなりそう」と言ったら、「宝塚に行くお金を出してくれるパトロンを見つけると思えば?」と返されました。

これが結婚する人としない人の差か…?!

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

数年後” に対して9件のコメントがあります。

  1. 青組 より:

    私は結婚15年を超え…子供を産んでオバチャン街道まっしぐらですが子供もある程度の年齢になり遊ぶ時間が出来ました(笑)結婚、いいですよ(笑)
    今日は雪組東京千秋楽でした。お芝居が色々大変だった公演でしたが、上級生三人が退団する千秋楽の劇場は温かい空気に包まれていました。
    ショーでひろみちゃん兵が死んでセリで下がる場面、ひめちゃんが涙声で客席から拍手のサポートありました。

  2. とおやま より:

    いやー、結婚してもしなくても自分の稼ぎで遊ぶつもりの方がいいっすよ、多分(笑)。
    よほど心が広く財布に余裕のある男性なら別でしょうが。
    私、アホみたいな数ヅカ観劇してますが、それもこれも我が家が拠出制会計のため。だとしても、月3回ムラ遠征するのはどうかと思いますが…。ヅカ関係の人々に「この人これでも結婚しているのよ」と紹介されるハメになりまする(笑)。
    雪千秋楽は退団者を送る寂しさはありながら、困難な作品をやり遂げた安堵感みたいなものも感じられました。生徒にも客席にも。
    あと、かおりちゃんの挨拶を聞くみみちゃんの涙が印象的でした。

  3. もひきち より:

    結婚はしてません。
    今のとしたとしても、宝塚観劇はできたとしても(一緒に行くので)、経済的にムリですね。トホホ…
    スカステ加入維持がせいぜいのような…
    子供が大きくなったからね~って、毎週違った位置で観劇されている方の話は羨ましいですね。

  4. ももも より:

    義母が宝塚ファンということで、見合い相手の現旦那に気に入られました(たぶん)
    今は義母と観劇してますよ~こんなケースもあります(笑)

  5. 田中 より:

    コメント欄がなかなか大盛況ですね(´Д`)
    私は1人暮らしが楽すぎて結婚する気になれません。まぁ昭和の1週間しかなかった年の人なので、、、まだ・・・ね(^-^;

  6. ゆきたろ より:

    >青組 さま
    今のところ、身近には結婚に失敗したカップルがいないので、たぶんいいものなのだろうなーと思っております。
    子どもが育ってしまえば遊べるんですよね。
    ただ、今すぐ産んでも100周年までには育たないのが…。
    雪千秋楽お疲れさまでした。
    >とおやま さま
    関東住みでそれだけ遠征してくるバイタリティがすごいなー、と毎度びびっております。
    「拠出制会計が肝」と脳に刻んでおきます。
    あるいは財布と心が海のように広い相手、と(これは期待できん)。
    >もひきち さま
    一緒に宝塚観劇は羨ましいようなそうでもないような。
    共通の趣味と話題があるのはいいんですが、2人だとお金は倍かかりますもんね。
    スカステで、というのが一番現実的なところかもしれないです。
    >ももも さま
    宝塚が取り持ったご縁ですね。
    お義母さんといっしょに観劇というのは楽しそうです。
    ただご贔屓さん(とお互いの性格)によっては修羅場になりそうでどきどきします(笑)
    >田中 さま
    若……っ。(意識が遠のいた)
    とうぶん一人暮らしをご堪能下さいませ(笑)。

  7. はにはに より:

    皆様のコメントが楽しい
    「拠出制会計が肝」というのは正しい。
    多分お子さんがいないのよね、うちもそうなので
    相手の収入を知りません。でも自分の稼ぎは全部宝塚につぎ込んでる状態。
    たまに夫に借金することもあるのですが(さすがに前回の雪組でムラに三回行ったら大変なことになった)
    それに文句言わせないようにするには夫もファンにさせちゃうこと
    最近一緒にムラに来たがるのが面倒なんですが(爆笑)

  8. とおやま より:

    ヅカ観劇と結婚のありようは、皆様にとっても興味深いテーマのようですね。色々なお家があって面白いですなー。
    我が家は何でも正しく折半で所有権にも厳格な同居生活ですが(笑)、
    家事をやらなくても連日のヅカ通いでも全然OKなので、
    私にはまことに好都合。
    ゆきたろさまも100周年運動会に気持ちよく送り出してくれる夫を見つける野望は捨てずに、ぜひ。
    しかし、某所で「100周年はあちこちで色々なイベントがあるから、
    (資金と心の)準備しといた方がいいわよ。ファンは大変よ~」
    と聞きましたんで、運動会の心配だけじゃ足りないかも(笑)。
    という訳で2014年の人生計画は慎重に!(←余計なお世話)

  9. ゆきたろ より:

    >はにはに さま
    皆さんのコメントを読んでると勉強になります。
    借金相手も夫なら安心ですね(笑)
    夫がファンであることの利点もあるんですね。
    北陸にはヅカファンの男性というのはほぼ棲息していない気がするので、自分で教育しなくては…。
    >とおやま さま
    家事をやらなくても連日のヅカ通いでも文句を言わない夫というのは素晴らしい…!
    野望を胸に抱いて生きていきます(笑)
    100周年はどんなイベントがあるんでしょうね。
    それに向けて今から定期預金の積み立てでもしますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。