梅田駅のように

『レビュー・ステイション』にはきりやんの退団会見のようすも出てます。
こういう色のスーツでの退団記者会見ってここ最近ではみてないような。
でもすっきりした顔でよかった。

面白い質問が出てますね。
「これまでの宝塚生活を列車に例えるとするなら、霧矢さんが乗ってきた列車はどんな列車ですか?」。
答えもなんか納得しますね。

4月22日の終着駅は梅田駅のようなものにしたいそうです。
ある意味の終わりだけれど、まだ人生は続くので、違う路線に乗りかえるのかな、みたいな。

退団後は白紙といいつつもきりやんは女優さんになるのだろうし、いい乗換ができるといいなと思います。
歌えるから強いよね。

そして最後にあったネタに爆笑しました。

ちなみに愛犬フィンチへも退団の報告はされた
そうですが・・・
聞いてたんかどうか、何の変わりもなかったそうです!

ですよねー(笑)。
この動じなさがフィンチさん。

平日なので私は聞けませんが、11月4日(金)の放送ではきりやんの声も聞けるそうです。
退団会見のときの声なのかな。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

クラシコ新公写真

次の記事

なまこ狙い