『花の宝塚踊り絵巻』感想・2

●テルをセンターにした「山の詩(麦や節)」。

腕が攣りそうじゃあぁぁぁ!
あのピシッとした動きはなにげにものすごく大変な気がする。
ばしばし動かすよりぴったり止めるほうがむつかしい気がするもの。

で、踊りですが、大変そうなわりになんか地味。
ぼーっと息をつきながら見てしまう。

ビジュアルはけっこう美しいんだけどねぇ…。

でもそのあとみんな銀橋に出てきてくれるのが嬉しい。
しかもメンバーがラブ様とかちーくんとかさやか嬢とかなにその渋いメンツ…! いやもう大好きです。

●続く「波の詩(おけさ幻想)」は楽しい。ていうか素晴らしい。
この場面が一番盛り上がる。
さっきの麦や節は一番盛り上がるところと2番目に盛り上がるところ(驟雨)の間の小休憩だったのかと思うくらいだ。

大人数が出てきてこれでもかと踊る。
人の動きやフォーメーションに立体感があって見ごたえがある。
衣装やセットも美しい。

最後のねねちゃんのドヤ顔は癖になりそうです。

●そして「月と尾花」で松本様とすずみんが踊る。
年齢差いくつだ!
でも違和感ない。松本様の化粧マジック。ていうか化生…?

いやしかし芸者をやる松本様の美しさってのはすごいな。本気で。
そしてそれを受けて立てるすずみんもかなりすごいのではないかと。

羽織られた薄手の着物が美しい。

●この公演では基本的に「女童」が推したい娘役のポジなのかな。
かわいかったです。花の女童も雪の女童も。

舞台装置で降る雪や花は美しい。
とても幻想的だ。
ただ生徒さんが踏んで滑らないことを祈るのでわりと現実的になってしまうところもあるんですがね…。

●ともみん、べにーを中心とした毛槍の踊りも楽しい。こういう派手なのは大好きだ。テンションが上がる。
もうちょっと歌がうまいと嬉しいんだけど…。

若手に混じって組長やらラブさまやらが踊っておられるのがすげーや。

●フィナーレも華やか。
オープニングと似たような感じだけど、華々しくてにぎやかで艶やかで、「日本物を観たな」という気にさせられる。

なにげに嬉しいのはマキちゃんかぁたんコロちゃんというシンガーがすっとセンターに出てくるところ。
脇の上級生娘役に対してもこういう気遣いがある演出家って大好きだ。


web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。