TCAスペシャルとは違うのか?

年末の予定が2つ。

これが1つめ。

2008/07/18

2008年 宝塚歌劇公演ラインアップ【梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演、東京特別公演】<12月~2009年1月・雪組>

7月18日(金)、2008年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演、東京特別公演<12月~2009年1月・雪組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

雪組
◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演:2008年12月13日(土)~12月25日(木)
<一般前売開始:2008年10月12日(日)>
<座席料金:全席7,000円(税込)>

◆東京特別公演(赤坂ACTシアター)2009年1月6日(火)~1月13日(火)
<一般前売開始:2008年12月7日(日)>
<座席料金:S席7,500円、A席5,000円(税込)>

ミュージカル
『カラマーゾフの兄弟』
原作/ドストエフスキー
脚本・演出/齋藤吉正
亀山郁夫訳 光文社古典新訳文庫「カラマーゾフの兄弟1~5」を参照

ロシアの文豪ドストエフスキーの最高傑作「カラマーゾフの兄弟」を舞台化。男女の愛憎、親子、兄弟のあり方など、人間の本質をテーマとするこの小説は、現代社会が抱える問題にも通じ、最近では新訳が大きな話題となっています。宝塚歌劇では、人間の様々な奥深い側面を描き出したドラマティックなミュージカル作品としてご覧頂きます。音楽は、映画『ゲド戦記』、舞台『ガラスの仮面』等で活躍し、宝塚歌劇では、2007年星組公演『エル・アルコン―鷹―』を手がけた寺嶋民哉氏が担当します。

■主な出演者・・・(雪組)水 夏希、白羽 ゆり

水とな~~~~。
DC楽はクリスマスなんですね。盛り上がりそう。

しかし『カラマーゾフの兄弟』。重そう。

それはそうと音楽が寺嶋さんってのが楽しみ。
サイトー君と寺嶋さんはヅカでのコンビっぽくなってくのかしら。

東京公演は赤坂ACTシアター
ここ数年は日本青年館だったと思うんだけど、次から変わるのかしら。それとも今回が例外なのかな。

と、思いきや。
公式で見たら2003年宙組の『聖なる星の奇跡』はここだったのね。先例はあるのね。

ちなみにACTシアターの客席数は1階890席、2階434席の計1,324席。
駅からの利便性はよさそう。

日本青年館は1階970席、2階390席の計1,360席。
客席数はほとんど変わらないけど、どの駅からも微妙に遠いってのがなぁ…。
『龍星』観にいったとき困ったもんなー。

そしてもう1つ。

2008/07/18

『タカラヅカスペシャル2008~La Festa!~』について

『タカラヅカスペシャル2008~La Festa!~』
構成・演出/三木章雄、中村 暁、石田昌也

日本物から洋物まで、世界各地を舞台とした幅広いジャンルの名曲の数々で構成し、各組スターの競演で宝塚歌劇の魅力をお見せするバラエティに富んだショー。フィナーレは華やかなクリスマスソングメドレーを繰り広げます。

■会場
梅田芸術劇場メインホール

■日時
2008年12月20日(土)14:00、★18:00
2008年12月21日(日)★12:00、16:00
※20日18時、21日12時公演は、宝塚友の会優先公演となります。

■座席料金
S席10,000円、A席7,000円、B席5,000円

■一般前売
2008年11月22日(土)

■主な出演者
(専科)松本悠里、轟悠 他
(花組)真飛 聖 他
(月組)瀬奈じゅん 他
(雪組)未定
(星組)安蘭けい 他

※その他詳細につきましては決定次第、ご案内いたします。

TCASPみたいな感じなのかな?
でも梅芸でやるのはなんでだろう。
今のところ、月組大劇場公演が12月11日までってことになっていて、来年の花組公演まで大劇場は空いてるというのに。
改修工事とかの予定でもあったり?(←ただの想像です)

宙組は今年も外れるのね…。
去年は東京の方に出てたけどね。

あと雪組の出演者が未定ってのが。
カラマーゾフ組は出ないってことなのかしら。
劇場はすぐお隣だけど、日程が丸かぶりだもんねぇ。
でも公演の休憩中なんかにひょいっと顔を出したり(出させられると言ったほうが正しいかも)しそうな気がしないでもないけど。
(ないだろうな)

理事だけじゃなくて松本様もご出演。
てことは、和物ありってことなのかな。それも気になる。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

蘭寿パソブ