TOTAL COLLECTION 2006 花組・1

もう12月24日・・・クリスマスイヴ。

去年はコムさんのさよならだったけど、今年はあと10数時間でオサさんのサヨナラなんですね。
早いもんだ。

去年も今年も私は自宅から出ませんが、無事、すばらしい千秋楽が迎えられますように。
天気予報を見た限りでは雨・雪は降らなさそうですね。何より。
・・・雪はきれいだけど、入り出待ちにはちょっとキツいからなぁ。

さて。期せずして「自宅でオサちゃんをひっそりと懐かしもう企画」となってしまいました。
『TOTAL COLLECTION 2006』最後になりました、花組でございます。

しょっぱなから、なんつーか、もう・・・。

今、組にいない人がいっぱいいるよーーー!!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 

まず、ふーちゃんがいる!!
そうだった、『落陽のパレルモ』ってふーちゃんのサヨナラだったんだ。
あああ懐かしい。私『パレルモ』は見てないですが、『マラケシュ』のふーちゃんは結構好きでした。
しかも『マラケシュ』が初めて見た花組作品だったから、なんでふーちゃんがいろいろたたかれてるのか全っ然わからなかった覚えがあります。
白い娘役です。徹底的に相手役に合わせようとします。・・・健気だ。

それから、とむがいる、ゆみこがいる、あすかがいる、園加もいる、ナルもいる
・・・なんか、ほんっとにすごいな。
どんだけ他組に生徒を出したんだ。
(もちろん、めおとか白鳥かすが氏とかえりたんとかが入ってきてるし、それ以前にもゆうくんが入ってきてるんだけど。)
こんなに組替えやら退団やらがある中でトップを張ってくってのは大変そうだ。
もちろん大変なのは花組だけじゃないだろうけど、いなくなったのが実力も人気もある路線がほとんどで。
彼女らがいなくなっても公演を引っ張りつづけ、組のテンションを保ち続けるのはすごく精神力のいることだったろうと思う。

ほんとにほんとに、オサさんお疲れ様でした。

『パレルモ』新人公演を見てから本公演を見ると、本役は本当にすごいなー、と思う。
(とはいえ、最初に驚いたのは彩音が新公ヒロだったことだ。・・・あー、まだトップ娘役じゃなかったんだぁ、とか思って。)

新公主演はみつる。
顔がきれい。
歌は・・・だけど、たいして気にならなかった。
でもヒロインの家に夜這いに来るときのマントの脱ぎ捨て方が初々しい・・・・
°・(ノ∀`)・°・。
女の前でマント脱ぐの初めてですか?って感じ。
しかし、な、なんか、かえってこっ恥ずかしいよう・・・。

さて本公演。
「同じ場面をオサちゃんならすんごいエロくナルシーに演じるんだろうなー。」と思いながら見てたとです。
・・・予想以上でした。
マントを脱ぐのも手慣れてりゃ、投げ捨てるのにも躊躇がありません。
この男、夜這いに行くのは絶対初めてじゃない!!Σ(°д°;)
それはそれでなんかいやです・・・(つд`)
力技ですみれコードに引っかからないようにきれいにおさめてましたが、恐るべし、オサちゃんの色気。誰かに分けてあげてください・・・。

さてショーの『Asian Winds』。
中詰が東京ブギウギだったり黒燕尾が三味線だったり。
なんか・・・通いづらそうな公演だ。
しかし三味線でもばっちりキザる生徒たちはプロだのぅ。

そんな中でも、ゆみこちゃんの銀橋は結構良かったような。
思いのほか(失礼)かっこよかったです。
えっと、うっかりときめきそうになりました。

オサがトークショーで一押しだと言ってたゆうくん(たち)の女装は入ってませんでした。
あと昭和のかほりのらんとむも。
DVD買えってことか~。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。