星組観劇レポ・続き②

この公演、ある意味一番話題になった男・・・それは、あかし。
(まだ始まったばかりですが)

マスターズはチョイ役かと思いきや、
登場は上手花道のセリ上がりだし。
「ミッション・・・ミッション・・・」歌い踊りながら銀橋渡るし(この歌が耳について離れません)。
「あかしに金髪ストレートってどうなの」と案じられつつも、蓋をあけてみたらすごく似合ってるし。
クールでかっこいいし。
ダンスが得意だからか立ち回りもキレイだし。
なのにコールサックと密談する場面の酒場では笑ったりしててお得感があるし(小芝居も忘れません)。
死に顔も良かったです(死につつ、上手袖にはけていく感じですが)。
初日はクールさがいっぱいいっぱいだと思ったけど
2日目以降はそれも板についてきた感じではまってた。
ほんとにびっくりした。

星組って、わりと最近までとう・しい・すず・ちえまでしか認識してなくて、
あかしっていうと「首席・新公主演ナシ・茶会がおもしろいらしい」くらいしか知らなかったから。
しかも新人公演で路線の役を演じてた記憶もないし。(演じてたこと、あったっけ?)
一応バウのハロダンで主役っぽい扱いを受けてたけど
あかしは脇役なんだなー、くらいに思ってた。

そしたらそしたらそしたら!!!
めっちゃ目立ってるし・・・。
プログラムも別扱いだし。
どういうことですか。

美貌の別格ゆかりが辞めるから、そのポジに補充なのかな、とか考えてみたりするのだけど、
ゆかりとあかし・・・。
どう考えても同一線上に置けません(まさしく美女と野獣・・・)。
歌劇団(あるいは星プロデューサー)の考えが読めません。いいけど。

ショーもね、おいしかったです。
ちえ・しみこ・あかしで銀橋渡り。
ちえに回し蹴りくらってました。
群舞でも立ち位置がよかったし。

ああ。でも、密林の場面の衣装はなんなんでしょうか・・・。
戦隊モノっぽいような・・・?ショッカーとか、そういうのを思い出したりしました。
履いてるのがブーツというより長靴だし(しかもゴム長)。
でもそれが似合ってるのか似合ってないのか、しばらく判断に時間がかかってしまった・・・。

も一人忘れられない人。
きんさん。
ひっじょーに、おいしかった・・・。

エル・アルコンではアデリーヌという女海賊。
劇中、名前は出なかったと思うけど、ティリアン戦で退却の指揮を執ったり(副将のポジなのかな)、
ティリアンへの思いに悩むギルダの背中を押したり。
また、この場面、泣かせるセリフを貰ってて。
ホントにいい役でした。

レビュー・オルキスではちえあすのダンスの場面、
組長と歌ってました。
顔芸もすごかった。

そして、脇役でおいしかったのが美城れん。
悪どい商人のコールサック。
歩きかたから工夫してて存在感があった。
瞳子とのかけあいの歌もあって、脇役としてはすごいいい役。銀橋にも出るし。
いつもなら専科がやりそうなところを貰ってた(そういや今回専科のおねーさまがたが出てないのね)。
けど、もうちょっと胴布団入れたほうがいいような気が・・・。
でないと、歩き方はすごく太った人なのに、見た目はそれほどでもないというアンバランスさが感じられてなー。
そのうち直ることに期待。

あとお妾さんズにも入ってましたねー。
はははは。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。