『風と共に去りぬ』感想・4

大劇場の千秋楽に『風と共に去りぬ』のAパターンを観劇してきました。

私の観劇したAパターン(まぁくんがスカーレットのほう)はムラ楽、Bパターン(かいちゃんがスカーレットのほう)は役替わり初日でした。
条件が違いすぎるのでどちらが上手かったかどうかは語れません。
基本的に印象でのみ、書きます。

●まぁくんのスカーレットは違和感がありませんでした。
ミーマイのジャッキーの経験があるからかな、男勝りな感じとか、それでいて可愛げがある感じとかがちゃんとあったと思うの。

かいちゃんバージョンと一番違いを感じたのはくるみ割りの場面。
酔っぱらっているバトラーを拒否する理由が、かいちゃんとまぁくんでは違って見えた。

かいちゃんのほうは嫌悪感として映った。
まぁくんのほうは自分が原因で乱れている男を「痛々しくて見ていられないわ」と思っていそう。
でもそれを素直に出せないからツンケンした態度になってしまう。

そしてバトラーに乱暴に扱われても、彼を追いつめた自分を責めていそうだった。

ナイトアンドデイのデュエットダンスは黒髪ショートのカツラが似合っていました。

●ルネのかいちゃんには「分相応な役だなぁ」と思いました。

スカーレットはさすがに役が大きすぎた感がありますが、ルネくらいだとしっくりくるというかかえって華やかに映るというか。
「美貌の中堅男役」の責を全うしていました。

盲目の芝居がよかったです。
本当に見えていないみたい。

●アシュレを演じるともちんには「濃い男役だなぁ」と。
白を演じてもきちんと白にならない感じは、黒く濃い悪役が回ってきがちだった過去の影響でしょうか。

まぁくんバージョンより儚い印象はなくて、そのぶんスカーレットが誤解している(自分の理想を勝手に投影しちゃってる)感じはあるかもしれません。

スカーレットからサッシュを送られてのセリフ「りゅうとした」の言い方が、まぁくんバージョンはどことなくネタっぽかったのですが(ベルばら的というか、ヅカコントっぽいというか……)、ともちんバージョンはすごく普通に聞けたのが驚きでした。

●メイベルのうらら様は、オークションの場面で値が吊り上がるのが当然としか。
高嶺の花だわ。
でも値が上がるたびに驚いているのがメイベルの育ちの良さなのでしょう。

視力を失ったルネを迷いなく支える姿も尊く美しかったです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。