『Mr. Swing!』感想・3

●中詰へ続くコーナー。

船長のまりん、副船長のタソとともにセーラーAのみりおが登場。
「新入りですがご案内します」みたいなセリフは組替異動とかけてるんでしょうね。

セーラー服姿(もちろん船員さん的な)はかわいいけど、正直もうこういうのはいいかな……と。
みりおは外見はともかく、芸風自体は落ち着いてると思うし。
月組で準トップになる前の、3~4番手あたりのころならまだよかったと思うんだけど。

スターさんらが銀橋その他を使っての歌い継ぎ。
ジャズナンバーにオリジナルの歌詞がつけられたものが多かったと思う。

●ロケットはあいかわらず桜花ちゃんが楽しかったな、と。
ダンスはともかく顔芸が素晴らしいので気になる方は探してみてください。
横1列になったときに上手の7人目あたりにいたはず。

あとセンター付近の顔が怖かったよ…。
男役だから、ということにしておこう。

●話題の役替わりシーン。
蘭寿さんと組む相手役(男役の女装)が日によって違うんですが、私が観たのは全部瀬戸くんの回です。

きれいでした。美人でした。
が、立派にヲカマでした。
場面の雰囲気(葡萄の実る秘密の花園らしい)と合わせて、なんだかタイのそういう人に見えてきました。

この場面の歌はだいもん。

だいもんは、かっとばしまくっていました。
湿度も温度も高い歌をこれでもかと歌いあげていました。

おかげでこの場面は「濃い・濃い・ヲカマ」の3すくみならぬ三つ巴。
3人しかいないのに目が足りない気がするものすごいシーンでした。

男役・蘭寿さんの凄いところは、恋の相手が男だろうと女だろうと、年齢がいくつだとかも含めて細かいことはまったく気にしなさそうなところです。
人種どころか相手が人類でなくても「かまわない……それが君なら」とか平気で声をかすれさせながら言いそうです。
懐が深い、という表現でいいんでしょうかね。

瀬戸くんといえば立派な肩幅。

瀬戸くんが蘭寿さんを後ろから抱きしめるときは「ああ、蘭寿さんがやるよりこっちのほうが手っ取り早いよな」と思い、蘭寿さんから抱くときは瀬戸くんは両腕をまっすぐ上にあげるのがとっても親切仕様だなと地味にウケました。

もうひとつ地味に笑えたのはラスト。

瀬戸くんが横たわったときに、蘭寿さんは覆いかぶさりながら瀬戸くんに仮面をつけるんですよ。
(仮面は最初に瀬戸くんがつけてたもの)

えーと、寝るときに、顔を見るのは怖かったんですか?
美人ですけれども。

細かいことは気にしなさそうな舞台上の蘭寿さんなので、仮面をつけるのはある種のプレイなのかもしれません。

それか「恥ずかしいのなら、顔を隠していればいいよ」的な……っておっさんくさいな。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。