白いヅラで舞い踊れ!・4

タニの歌から土星はスタート。
ここの歌、タニ比でかなり上手いんではないかと。
なんでだろう。音域とかテンポとかが合ってたのかしら?

それから、初めてみる醜く歪んだ世界に戸惑うタニがきれい。

思うんですが、タニは戸惑ってるときのほうが魅力的なんではないでしょうか。
自信満々で「トップだぜ(・∀・)ノオラオラ」なときより、
戸惑って、どうしていいかわからないながらも手探りで進もうとしている役のほうが惹きつけられる気がする。
今回のショーでいえば、この土星もそうだし、ウメに導かれる水星から木星の場面がそれに当たると思う。

すっしーがタニを殺す役。
なんか芝居でもアリスを殺してたなー、と、ちょっとデジャヴ(゚д゚ ;)
キレちゃう役が似合うのか・・・?
でもソロダンスはやっぱりかっこいいのであった。

ゆっくり現れて歌うウメの歌も本人比でけっこう上手いと思う。
髪型かわいい(´∀`*)
ストレート似合うなー。
祈りを感じさせる、ちょっと落ち着いた透明感のある雰囲気。

タニオカさん再生後。
タニ・とむ・みち・ともの4人で踊る場面。

らんとむの踊りっぷりがすんごく楽しい。

なんか、隣のともちんの倍くらい動いてんじゃないかっつー踊り方。
おんなじ振りなのになぁ。
メリハリききすぎ。1個1個の振りに「ぎゅいん」「かっ」などと擬音語をつけたくなる。

でもかっこいいからいいや~、と思って見てると、
続くは例の「スカイハイ」・・・。

「ヘ~~~イ」
「ハァ~~~ン」

助   け   て  ○| ̄|_

ダンスで終わっとけばなぁ・・・かっこいいのが残像で残ったのになぁ・・・。
しかも最後の「手に入れーよホ~~~」の後の顔(口は「ウ」の形)が
死ぬほど 恥 ず か し い 。

藤井 大 介・・・。
よくこれをやろうと思ったな・・・。
いい度胸だ。

でも面白いからついリピートしてしまう。
落ち込んだときに見たら、あっという間に浮上できそうだわ。

トップコンビのデュエットダンスはさわやかでいい感じ。
スピード感があって、恋人同士というよりは同じ方向を目指すただの「同士」って感じに見えたけど、現代的でそれも面白い。
色気やしっとり感はないが、二人の特性をよく見極めましたってところだ。
藤井せんせー、GJ。

フィナーレのみっちゃんとたっちんは耳福。
宙組のトップコンビと2番手の歌がヤバすぎるんで、この人たちがいなかったら「歌劇団なのに・・・」って思うところでした。
やっぱエトワールは上手い人がいいよ、うん。

でもその後、どんどん歌がアレになっていくんだ・・・。

らんとむの異様に明るい歌声を聴いたらなんか・・・。
とむさんは歌より踊って下さい。
ホストな色気を振りまいて下さい。
面白い人になるのは芝居だけでいいです。
そんな風に思ったり・・・(実際そうなるとものすごくつまんないことは必定)。
でも銀橋でのにぱーっとした笑顔を見たら、まあいいか~、って気にもなるのですが。

ウメもどうどうと外します。
でもウメは娘役だし声がかわいいだけ耐えやすい。
が、タニは・・・○| ̄|_
外見はキラキラしてるからなー。ギャップを楽しめるようになったらいいかも。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

白いヅラで舞い踊れ!・4” に対して1件のコメントがあります。

  1. ゆきたろが非難したの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。