ことなこ舞浜『VERDAD!!』&愛ちゃん東上付バウ『マノン』上演決定

今年7月の星組の小公演の演目が出ました。
星組の主演コンビことなこは舞浜でショー、2番手愛ちゃんはバウとKAATで『マノン』です。

2021年 公演ラインアップ【舞浜アンフィシアター公演】<2021年7月・星組『VERDAD!!』>
2021/01/26

2021年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【舞浜アンフィシアター公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

星組公演
■主演・・・礼 真琴、舞空 瞳

◆舞浜アンフィシアター:2021年7月2日(金)~7月10日(土)<一般前売:2021年5月29日(土)>
座席料金…全席9,500円

REY’S Special Show Time
『VERDAD(ヴェルダッド)!!』—真実の音—
作・演出/藤井 大介

“VERDAD”とはスペイン語で“真実”を表す言葉。魂のこもった“真実”の歌・踊り・演技を追求し続け、常に前へと進んでいく礼真琴の魅力を詰め込んだ“REY(王)”のスペシャルショーを、舞浜アンフィシアターにて開催致します。
一幕では星組による数多のショー作品から名曲を散りばめた宝塚歌劇ならではのショーを、二幕ではポップスやロック、ミュージカルナンバー等で、宝塚歌劇の枠にとらわれない礼真琴の“今”の魅力に迫ります。礼真琴率いる星組メンバーの情熱とエネルギーを詰め込んだ至福のショータイムをお届けします。

舞浜でのショーの作・演出は大介先生。
これでもう半分以上勝ったようなもんだわ。
しかも主演コンビが実力派・ことなこなので、すごいものができる気しかしない。

大ちゃんだし、ヒョウ柄着てギラギラしたショーをやるのかしら。

“REY(王)”というのはスペイン語っぽいですね。
ショーでスパニッシュもやるかな。期待してます。

2021年 公演ラインアップ【宝塚バウホール公演/KAAT神奈川芸術劇場公演】<2021年7月・星組『マノン』>
2021/01/26

2021年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール公演/KAAT神奈川芸術劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

星組公演
■主演・・・愛月 ひかる

◆宝塚バウホール:2021年7月1日(木)~7月12日(月)<一般前売 2021年5月22日(土)>
座席料金…全席6,500円
◆KAAT神奈川芸術劇場:2021年7月22日(木)~7月28日(水)<一般前売 2021年6月19日(土)>
座席料金…S席8,300円 A席5,000円

ミュージカル・ロマン
『マノン』
原作/アベ・プレヴォー
脚本・演出/中村 暁

アベ・プレヴォーの「マノン・レスコー」をもとに、物語の舞台を19世紀スペインに移してミュージカル化した『マノン』。2001年に花組の瀬奈じゅん主演で上演し、好評を博した作品を20年振りに再演致します。
セビリヤの名門貴族の青年ロドリゴは、情熱的で自由奔放なマノンと恋に堕ち、約束された将来を捨て駆け落ちする。しかし、享楽的な生活を求めるマノンは、お金の為に平然とロドリゴを裏切るような真似をするのだった。それでも一途にマノンを愛し続けるロドリゴは、彼女の為に罪を犯し、破滅への道を突き進んで行く…。

舞浜の裏は愛ちゃん。

KAATとバウで公演、バウの価格はしっかり2番手です。
(ほのかやそら、あーさの5,500円よりお高くて、トップのたまちゃんと同じ6,500円)

『舞音』じゃなくて『マノン』。
破滅する男もタカラヅカの王道の一つです。愛ちゃん似合いそう!!
がっつり宝塚の様式美にそって美しく苦悩してくれそう。

ヒロインが気になるところ。
ぱっと思い浮かんだのがくらっち、ほのか、まどか。

くらっちは想像つく。
悪い女は似合いそう……だけど、あまり考えが軽くないマノンになりそう。

ほのかは上手く演じるだろうなぁ。
でも理事様のDCに続いてヒロインがくるかどうか。

いっそ面白いかもと思うのがまどか。
せっかく専科に行くんだし……と思うけど、星組にもヒロインを演じられる娘役がいるしなぁ。

水乃さんも見た目は似合いそう。なんつってもスタイルのいい美女だし。

だれが愛ちゃんの東上公演のヒロインになるか、気になるわ。

5

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。