ことなこ版ロミジュリBパターンを見たんだ・7

・パーティーの出し物はバトンに。
以前柚長がやってた「フラメンコの女」は場に雰囲気が合わなかったので、バトンに戻してくれてよかったです。
(あれは役のないロミジュリでの組長救済策だったとは思うが……)

・愛は可愛かった。
死の愛ちゃんじゃなくてきさちん演じる愛のほうね。

愛ちゃんの死がめちゃくちゃ強かったので、相対的に弱く見えたけれど、包み込むような柔らかさを感じました。
衣装の色どおり、あたたかなピンクに包まれていく。

ヴェローナの街を覆いつくし支配する死と、死の影に柔らかく佇む愛という印象です。

・裏ロミジュリとでもいうべき男女は、ひーろー(赤)といーちゃん(青)。
とても情熱的で、葛藤しながら愛し合っていました。

・はるこちゃんは役らしい役がなかったが、フィナーレでこっちゃんと絡んでました。
相変わらずきれいっ。
大人の色気を宝塚らしい品の中にみせてくれる人。

キャピュレット女以外にも街の女でのバイトとかもしてたんだよね。
劇場でがっつり観たかったわ。

・Bパターンのパリスはきわみしんくん。
とにかくきれい。
お金持ち設定ハマりすぎですよ。

お金持ちで美形で、ちょっと髪型ヘンでも結婚相手はこれでいいじゃん!!って思ってしまう。
ヒョロヒョロしてて頭は足りなさそうだけど、悪人でもなさそうだしさ……。

でもジュリエットにとってロミオは運命の相手だったからね、パリスじゃ駄目だったんだよね。
仕方ない。

キャピュレット卿とパリスのやりとりは欲と欲のぶつかり合いっぽくておもしろかったです。

・新公主演経験者が片方しか出ないとかある!?

振り分けがでたときほんとびっくりしました。
まめちゃんにさりおにあまとくんに水乃ちゃん。びびるわー。
(こういう振り分けをしてくるのは、星Pの意向なのか小池先生の意向なのか……)

スチールまで出てるのに半分の日程しか出てないとか、けっこう意味わかんないです。
外部の作品なら珍しくもないんだけど、スターシステムのある宝塚歌劇なんで。

あまとくん、青チームでがんばってましたねぇ。
配信映像だけど気合いで探しました。キレのあるいいダンスだ。

日程振り分けになった下級生の中でやや扱いがいい人はダブルトリオに入ってました。それが救いかな。

次からは全員出演・新公復活なので、溜めてたエネルギーの爆発を期待してます。

・エトワールはほのか。
きれいな歌声でした。
歌姫系娘役の活躍は嬉しいです。パレードが華やかに始まるもの。

ほのかは霊廟の場面でクリスティーナとカゲデュエットもしていて、そちらも素敵でしたね。

7

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。