『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』を見たんだ・1

ヴェネチアの紋章

咲ちゃん主演の雪組全国ツアー『ヴェネチアの紋章』併演のショー『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』もライブ配信で見ました。

『ル・ポァゾン 愛の媚薬』は蘭寿さんバージョンを梅芸(全ツ)で、初演のウタコさんバージョンをスカステで見てます。
私の場合、どうしても生で観た蘭寿さんバージョン『ル・ポァゾンⅡ 愛の媚薬』が基準になってしまいますが、ご容赦くださいな。
蘭寿さんの人外っぷりがすさまじくてさぁ……。

・『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』は、主演が咲ちゃんになったことにより、やたらスタイリッシュな作品になっておりました。
同じ曲、同じ振り(たぶん)でも踊る人次第でこんなに雰囲気が変わるのか! びっくりだよ。
いちおうわかってはいたはずなのに、まったく別の作品に見えるほどの印象の違いです。
ああ、咲ちゃんが踊ると令和だわ……。

とっても昭和な喜多ダンスすらさわやかにする咲ちゃん恐るべし。
なんか都会的。

しかしだな。蘭寿さんのバージョンで覚えてる身には咲ちゃん版のさわやかさがびっくりだよ。
こっぱずかしさが足りん!!!!
正直なところ物足りなく感じてしまうのが切ない。
(いやもうこれは比較対象がアレなだけですよ、特濃だったもの)

咲ちゃんだと白鳥と出てきてもなんか普通なんですよね。
ああ、王子か、みたいな。
赤面するような、苦笑が生じるようなヤバさってないんですよ。びびるわー。

ちゃんとスタイリッシュ。
ちゃんときれい。
ちゃんとかっこいい。

と、「ちゃんと」が並ぶのが咲ちゃん版『ル・ポァゾン』でした。

・「令和だなー」と思った咲ちゃん版ですが、演出自体はけっこう昔のまま。
にわにわ組長が巻物を出してきたのには「これ、まだやるんだ!?」と思いました。
いやぁレトロですねぇ。でもこの巻物がないと『ル・ポァゾン』とは呼べんのでしょうか。

・『ル・ポァゾン』だけど、「若さ、スパークリング!」(これもまゆさん版でおぼえてるわ……)や「ナルシス・ノアール」なども入ってます。
いつものMr.岡田名場面詰め合わせセットです。

ショーとしての世界観の統一はどこに!?とつっこみたくもなりますが、まぁいいか。

・雪組新トップ娘役のひらめちゃん、これがプレお披露目です。
取り澄ました表情のひらめちゃんがレアでした。
いつもふわふわニコニコしてる印象なので。

咲きわはいい並びだと思います。

・芝居ではガチの2番手だったあやなちゃんですが、ショーではちょっと引いたポジに。
歌の重要なところはすわっちが務めてました。

歌はすわっちのほうが上手いもんねぇ。

3

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。