『Aqua Bella !!』を見たんだ・3

●ほってぃーのソロで「朝日が昇る前に」。
何度か聞いたことがあるこの歌、『華麗なるギャツビー』からなんですね。
小池先生と思うとそこそこ新しい気がするが、初演が1991年なのでもう30年前の作品なのか。

ほってぃーを見るとつい「ちぎちゃーーーん」と思ってしまう。似てる。

●ロミジュリの「エメ」でデュエットダンス。

マイティーは白のドレス燕尾で裾が紫がかってるもの。
ゆゆちゃんは紫のドレス。

ゆゆちゃんのことはお名前以外存じ上げませんでしたが、ダンスがきれいな娘役さんですね。

最後はデュエットに。

●「A Whole New World」はマイティーとことのちゃんでデュエット。

おおおおお歌がうまいよ、ことのちゃん!

今までも名だたる歌ウマが歌ってきたこの曲、ハードル高いと思うんだけどことのちゃんだからクリアしてくる。
きれいな高音ですね。

●『エリザベート』の「闇が広がる」。
男役同士の鉄板演目です。

これ、ルドルフは役替わりだったんですね。
12時の回はルドルフがゆきだいやくん、18時の回(千秋楽)がほってぃーでした。
男役さんが紫の衣装に着替えてきました。

ゆきだいやくんのルドルフは、でかい。
「舞台せまっっ」感がすごい。
あのでっかくて男らしい外見のゆきだいやくんが、頑張って膝折したり腰折したりして頑張ってる……!

がんばって小さくなろうとしてる姿に「けなげやのう……」と見守りモードに。

18時回のほってぃールドルフは、見た目にはなんの違和感もありませんでした。
耽美なのも似合う~~~。

●ルドルフさんがハケて、壇上でマイティーが後ろ姿でスタンバイ。
前奏にこれはもしや……?と思いつつも信じ切れない。
いや、この曲マイティー歌わんやろ。

と思ってるうちに歌が始まる。
歌ってんのマイティーですか。マジか。
カゲソロとかじゃないんか。

『エリザベート』の「私だけに」。

言わずと知れた、ミュージカルの大曲。
あらゆる娘役が歌いたがるこの曲を、男役のマイティーが歌いますか!

いやぁ、すごい弾を飛ばしてきました。
高音がんばれ。
生まれつきの娘役でも大変よ、最後の歌い上げ。

ぶっちゃけ、マイティーが「私だけに」を歌うことに何の需要があるのだろう……とド失礼なことを思いましたが、
たぶんご本人が歌いたかったのであろう。
大介センセイの思い付きだけでは実現すまい。

●全員が出てきて『レ・ミゼラブル』の「民衆の歌」を。
力強い歌。

コロナ禍まっさかりのころ(今もですが)、名だたるミュージカル界の俳優さんが歌ってたあの曲ですね。
今の社会とリンクしてる歌です。

6

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。