<華宝塚>ぴーすけインタビュー

東京新聞の<華宝塚>にぴーすけのインタビューが出てます。

<華宝塚>役を掘り下げて成長 天華えま(星組):東京新聞 TOKYO Web

星組公演「ロミオとジュリエット」(東京宝塚劇場で十二日から再開、二十三日まで)は、シェークスピア原作の不朽の名作。ロミオ(礼真琴(れいまこと))とジュリエット(舞空瞳(まいそらひとみ))を中心に展開される愛と死の物語で、ロミオの親友マーキューシオと、死の概念をダンスで表現する「死」の二役を役替わりで演じている。 …

マーキューシオと「死」の2役を演じるぴーすけ。
2役それぞれについて、

 どちらの役も「心情的に深いものがある」と解釈、再演を重ねてきた人気ミュージカルだけに「(ファンの)皆さまの求めるものにどれだけ近づけるか」を考えながらも自身の表現を追究して舞台に立つ日々。マーキューシオについては「大人になり切れない少年の背景が見えたら」と話す。「物体がないものを演じるのは初めて」という「死」の役は、物語の随所でロミオに近づき死のイメージを体現するが、「支配するというより寄り添っている『死』になれれば」と言い、「二つの役を掘り下げることで成長できれば」と役と向き合う。

東京新聞 TOKYOWEB

2役とも素晴らしかったけれど、私は「死」のほうが強く印象に残ってる。
寄り添う「死」は、新しい「死」の解釈だなと感じたので。

恒例の三つの質問。

 (1)無人島に何かひとつだけ持っていくとしたら?
 −枕です。寝るのは大事。東京公演では自宅で使っているものを東京に送って使ってます。

東京新聞 TOKYOWEB

枕にこだわりが!!

でも睡眠はめっちゃ大事。
よく寝て心身ともに健康でいていただきたい。

7

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。