べにあー版スカピン感想・2

image

べにーさんのお得意といえばもう一つ、アドリブ。

18日(土)11時公演は、ショーヴランにアンパンマンの衣装をお勧めしていました。
「愛と勇気だけが友だちなんだろう」とか言って。
マルグリットには完膚なきまでに振られて、部下には遠慮なく腕力を振るう友だちいなさそうなショーヴランには切ないぜ、そのセリフ。

20日(月・祝)11時公演は宙組のまぁまか揃ってご観劇。私は2階席だったので見えなくて泣いた……。

肖像画のポーズを決めるところでパーシーがぐねぐね。

マリー「動かないで」
パーシー「これ王妃の館なんだ」

北白川センセイの「キタキタキタ」な憑依のマネです。
でも毎日やってたまぁくんみたいな動きにはさすがにならない。

ショーヴランへのおすすめ衣裳も『王妃の館』ネタ。

パーシー「ピンクのスーツに、アシンメトリーのサラサラヘアーで北白川右京先生の出来上がり」
ショーヴラン「……結構です」
パーシー「ルイ14世の衣裳でも?」
ショーヴラン「……結構です」

だいたいこんな感じなんですが、目を伏せて「結構です」というショーヴランまこっちゃんの間と表情に「どうしよう、断っていいのかな、これ」という気持ちがにじんでいるように見えました。

毎日毎公演アドリブお疲れ様です。
ウケる日もあればウケない日もあり……ですが、滑り気味だったときも「あまりウケなかった」とあっさり言っちゃうパーシーさんの明るさがいいですね。

ただ、こういう決まった場面でのアドリブはいいんですが、増やそうと思えばどこまでも増やせるアドリブをやりすぎるとくどい。
たとえばグラパンの「女の扱いヘタね」はいいけど、そのあとの「ダメだこりゃ」はいらないなぁと。
いや、「ダメだこりゃ」だけならいいんだけど、それ以外の場所でもぶっこんでくるから。
積み重なって積み重なって「もういいよ……」となった。

もう少しミュージカルをストレートに味わわせてくれないかなぁ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

べにあー版スカピン感想・2” に対して2件のコメントがあります。

  1. 田中 より:

    べにーの笑いに走るとこは関西人の性って感じですよね(  ̄▽ ̄)ましてや大阪ですしね(爆)
    大阪は小学生…いや保育園児も面白い(笑)
    べにあー見た目は文句無しの美男美女なのに、ちょっともったいない気もしますけど…ね(^o^;)

  2. ゆきたろ より:

    >田中 さま
    お笑いは大阪の必修科目なんですよね?
    見た目が良い人より面白い人のほうがモテるとは聞いたことがあります。
    べにあー、見た目は美男美女というのはほんとにそうです。
    でもお笑いに走ってしまうあのギャップがいいのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。