『レジェンド 愛の神話』感想・5

●ラインダンス。

ロケットボーイは華月くん。きれいな顔。名前どおり華がある。
お名前は知ってましたがようやく顔を覚えました。
元・花組のゆまちゃんと似ていると聞いて納得したもので。(ちなみに名字は同じだが無関係らしいですね)

彼は武生公演を途中休演していたそうですが、私が観た回はすべて出演していました。

●黒燕尾と赤いドレスの場面、最後のほうでめいめいが違ったポーズをとるのが素敵でした。

●出演者全員での客席降りも。
すごかったー!

11月3日14時の回は後方センター上手側の通路席に座って、華月さんとたぶん湊くんがきてくれました。
タッチしてもらったー。

千秋楽は上手端に座ったので虹架さんがタッチしてくれました。

できれば折原さんがいらっしゃる1列目に行きたかったが、そのために頑張って並ぶほどの根性はなく……。

・千秋楽はペンライトが配られました。

image

●パレードで大羽根をしょってこられる高世さんに客席がどよどよするのを感じるのが好きだ(笑)。

●千秋楽は通常の公演にプラスして「桜咲く国」と花束贈呈、ご挨拶など。

この日をもって退団する娘役の星南ゆりさんのご挨拶もありました。
お客さんや家族、劇団員らに感謝を述べたあと、「またどこかで会おっさ!」と福井弁で。

右肩に白い花のコサージュを付けてました。

・高世さんもご挨拶のときに「またこの劇場で会おっさ!」と。

来年もご出演いただけるかどうかはわかりませんが、越前市の奈良市長(ややこしい)がご挨拶にて、

「高世さんだけでなく、桐生さん、折原さんと豪華キャストにご出演いただき…」
「来年もぜひ、高世さん、桐生さん、折原さんにお越しいただきたい」
「この劇場は越前市高瀬町にありますし」

みたいなことを言っておられました。

・この市長さんのあいさつで、桐生さんが自分の名前が出たときに「はい!」と元気よく返事してしまっていたのが可愛らしかったです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。