2017年春月組ラインアップ

昨日ですが、来年春の月組小公演の演目が出ました。

2017年 公演ラインアップ【博多座】<5月・月組『長崎しぐれ坂』『カルーセル輪舞曲』>
2016/10/27

2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【博多座】公演の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。
  

月組公演
◆博多座:2017年5月4日(木)~5月27日(土)
一般前売:2017年3月11日(土)
座席料金:A席8,800円 特B席7,800円 B席6,200円 C席4,000円

宝塚ミュージカル・ロマン
『長崎しぐれ坂』
~榎本滋民作「江戸無宿」より~
脚色・演出/植田 紳爾
■主演・・・(専科)轟 悠、(月組)珠城 りょう、愛希 れいか

轟悠、湖月わたる、檀れいによって、2005年に星組で上演され好評を博した作品の再演。幼馴染の三人の男女が、まったく違う境遇となって再会したことから起こる愛憎劇を、江戸末期の異国情緒あふれる長崎を舞台に展開致します。神田祭りや精霊流しなどの舞踊場面を織り交ぜ、華やかさの中に哀愁のある世界を描き出す作品を、2005年の初演と同じく専科の轟悠、そして月組の珠城りょう、愛希れいかを中心にお届け致します。

モン・パリ誕生90周年
レヴューロマン
『カルーセル輪舞曲(ロンド)』
作・演出/稲葉 太地
■主演・・・(月組)珠城 りょう、愛希 れいか
■特別出演・・・(専科)轟 悠

日本初のレヴュー『モン・パリ』誕生から90周年を記念して、優美な華やかさの中に迫力あるダンス場面を織り交ぜて繰り広げるレヴューロマン。地球全体を軸にして回る回転木馬(カルーセル)に命が宿り、まるで輪舞曲(ロンド)を踊るように世界中どこまでも果てしなく駆け出して行く様をイメージ。日本を出発しパリに着くまでを描いた『モン・パリ』に対し、パリから出発して宝塚を目指す世界巡りの形式で、バラエティ豊かな数々の場面をお届け致します。珠城りょうを中心とした、フレッシュでパワフルな新生月組の魅力満載のレヴュー作品です。

  
博多座はたまちゃぴ……だけでなく理事様も。
ほほう、九州出身だから?(てきとう)

演目は『長崎しぐれ坂』。観たことない。
観たことないけど、評判がイマイチだったことだけはなんとなく知ってる。
檀ちゃんがサヨナラだったのに扱いが微妙だったらしいこともなんとなく知ってる。

なのでテンションは上がりませんが、博多座(=九州)で長崎(=九州)の演目だから喜ばれるのかなぁ。
理事様(=熊本=九州)もいらっしゃるし。

あと、博多座って目新しいもの(例:銀英伝)よりレトロな和物のほうが喜ばれるお土地柄と聞いたことがあるけれど、さて。

ショーは大劇場公演の続演。
こちらにも理事様が加わるということでどういう変化が起こるのか楽しみ。
芝居と違ってショーは理事様は「特別出演」という扱いになってるので、さほど出番は多くないのでしょう(と推測)。

久々に九州行こうかなぁ。
行くとしたら100周年の月組博多座以来だ。

2017年 公演ラインアップ【梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、TBS赤坂ACTシアター】<4月~5月・月組『瑠璃色の刻』>
2016/10/27

2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ】【TBS赤坂ACTシアター】公演の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。
  

月組公演
■主演・・・美弥 るりか

◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:2017年4月29日(土)~5月7日(日)
一般前売:2017年3月12日(日)
座席料金:全席7,800円
◆TBS赤坂ACTシアター:2017年5月13日(土)~5月21日(日)
一般前売:2017年4月9日(日)
座席料金:S席7,800円 A席5,000円

ミュージカル
『瑠璃色の刻(とき)』
作・演出/原田 諒

ある者は彼を不老不死の超人といい、またある者は稀代の魔術師だという。時空を超えて生きる錬金術師であり、比類なき予言者、そして正体不明の山師──ヨーロッパ史に今も多くの謎を残すサン・ジェルマン伯爵。
ふとした事から謎多きその伯爵になりすました男は、瞬く間に時代の寵児となり、いつしか宮廷での立場は大きなものになっていく。しかし、やがて押し寄せる革命の渦に巻き込まれ…。18世紀フランスを舞台に、「サン・ジェルマン伯爵」として虚飾に生きた一人の男の数奇な生き様をドラマティックに描くミュージカル。

博多座の裏はみやちゃんの東上つきDC。おめでたい。
(が、原田……)

みやるりで「瑠璃色」ときましたか。
みやちゃんで錬金術師というと『1789』で媚薬をもくもくさせながら使ってたのが思い出されて(あれは錬金術じゃないけど)、とても似合いそうだわ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

『FALSTAFF』感想・4

次の記事

梅田・ムラ