2017春・花組ラインアップ

来年3月~4月の花組公演の演目が出ました。

2017年 公演ラインアップ【全国ツアー】<3月~4月・花組『仮面のロマネスク』『EXCITER!!2017』>

2016/09/30

2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【全国ツアー】公演の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

花組公演

■主演・・・明日海 りお、仙名 彩世
◆全国ツアー:2017年3月18日(土)~4月9日(日)

ミュージカル
『仮面のロマネスク』
~ラクロ作「危険な関係」より~
脚本/柴田 侑宏 演出/中村 暁

近代フランス心理小説の傑作でありながらも、そのスキャンダラスな題材ゆえに世間から長く異端視されたラクロの「危険な関係」を原作としたラブ・ストーリー。1997年に高嶺ふぶき、花總まりにより初演、2012年には大空祐飛、野々すみ花により再演された名作ミュージカルです。大好評を博した2016年の全国ツアー公演に引き続き、明日海りおが再びこの作品に挑みます。
動乱に揺れる1830年のフランス宮廷を舞台に、美貌の青年貴族ヴァルモンと若き未亡人メルトゥイユ侯爵夫人の冷徹で官能的な大人の恋の駆け引きを、重厚かつ華麗に描き出します。なお、花組新トップコンビ明日海りお・仙名彩世のお披露目公演となります。

スパークリング・ショー
『EXCITER!!2017』
作・演出/藤井 大介

2009年と2010年にいずれも花組にて上演され大好評を博した作品の再演。
刺激、熱狂、興奮をもたらす者“EXCITER”。ありふれた人生も、ちょっとした刺激、スパイスでバラ色に輝く。“音の革命”“美の革命”“男の革命”…。愛と夢を現代社会に送り届ける宝塚こそ“EXCITER”であるという軸の上に、究極に格好良い場面で構成された現代的でエネルギッシュなショー作品。この度の全国ツアーでは、2017年版『EXCITER!!』の魅力をお届け致します。

みりおと仙名ちゃんは全ツ。南へ北へと忙しい。
芝居の演目は今年と同じ『仮面のロマネスク』。

行先は梅田から始まり、島根・福岡・静岡・神奈川・秋田・青森・北海道。
ちなみに今年・2016年版の行先は、来年同様梅田から始まり、広島・神奈川・埼玉・静岡・宮城・福島・北海道。
同じではないけどかぶっているところもいくつかある。近県で観るという人もいるだろう。
『仮面のロマネスク』はいい作品だと思うけど、その人たちにとっては「同じ作品ならいいや」とスルー対象にならないかなぁ……って、私が心配することでもないか。

キャスティングは当然ヒロインと2番手が変わる。
トゥールベルを演じた仙名ちゃんがメルトゥイユになるのでしょう。(しかし同じ系統の顔が続くなぁ)
トゥールベルが誰になるか、ダンスニーを誰が演じるかは気になります。

併演のショーは『EXCITER!!2017』。
好きな演目だ。テンション上がるわ。

さっきスカステでかれーちゃん(とじゅりぴょん)が『EXCITER!!』が好きだという話をしてました。
こっちに振り分けられるといいですね(笑)。

2017年 公演ラインアップ【赤坂ACTシアター/梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ】<3月~4月・花組『MY HERO』>

2016/09/30

2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【赤坂ACTシアター】【梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。
  
花組公演

■主演・・・芹香 斗亜

◆赤坂ACTシアター:2017年3月16日(木)~3月23日(木)
一般前売:2017年2月4日(土)
座席料金:S席7,800円 A席5,000円
◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:2017年4月2日(日)~4月10日(月)
一般前売:2017年2月19日(日)
座席料金:全席7,800円

アクションステージ
『MY HERO』
作・演出/齋藤 吉正

舞台は20世紀末のロサンゼルス。伝説的な特撮ドラマのヒーロー「MASK☆J」のスーツアクターとして活躍した父の背中を見て芸能界を志したノアは、下積み生活を経てトップ俳優の座に上り詰める。しかしいつしか己を見失っていったノアは、放蕩生活の末にスキャンダルをおこし、事務所を解雇されてしまうのだった。そんな彼がようやく手にした仕事は、顔出し禁止のスーツアクターとして、かつて父が務めた「MASK☆J」を演じるというものであった……。
HEROが教えてくれる“勇気”“諦めない心”、そして“愛”をテーマに、過去の栄光にしがみつき前に進めずにいた若者が、苦難を乗り越え懸命に生きる少女との交流を経て、人生に再チャレンジする姿を描き出します。

全ツの裏はキキちゃんの東上つきDC。
サイトーくんです。

タイトルと解説が……どうしようこれ感があるんですが。「MASK☆J」の☆マークが落ち着かなさの原因か。

それでもサイトーくんだから楽しいんだろう。
こっぱずかしそうだなぁという想像のもと、それを楽しみたいと思います。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

トレード

次の記事

写真集2冊