花版『仮面のロマネスク』感想・1

梅芸で観た花組全国ツアー公演『仮面のロマネスク』の感想。
観たのは9月初めなのでけっこう経ってしまいました。

今回いちばん驚いたのはキキちゃんのダンスニー男爵。
キキちゃんの演技にではなく、ダンスニーという役が、演じる人によってこうも違って見えるのか!という意味で。

以前中日劇場で観た宙組版みっちゃんのダンスニーは辛かった……。
「『仮面のロマネスク』って役がたくさんあって、特に娘役はダブルヒロインなうえに他にもたくさん役があるからいいんだけど、なんせ男役2番手がかっこよくない」という評判そのままに感じられた。
ダンスニーはアホっぽいボンボンで主人公には寝取られて……なのが、なまじ大人っぽい人がやるとほんと辛い。
初演の雪組版(理事様がやってたはず)は観てないけど、想像するだけでキツい。

それをキキちゃんがやると可愛いんである。

アホさが、痛々しさではなくアホ可愛さに映るという。
すげー。
すげーわ、これが持ち味ってもんかぁ。

全然おいしくない役だと思ってたけど人によってはそうでもないんだなぁ。
ていうか、キキちゃん以外でこれが似合う人もそうそういない気はするけど。

先日泊まった宿のスカステで『宝塚幻想曲』が流れていて、ひさびさにみれいちゃんに振られるキキちゃんを見ました。
それもほんとに似合ってたもんな。
情けない男子が似合うのは男役スターさんとしての褒め言葉になるのかどうかわかんないけど、なにごとも許してくれそうなのほほんとした大らかな雰囲気を持ってるのは間違いなく美質だと思う。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。