2017年2月雪組公演決定

来年冬の雪組小公演が決定しました。

2017年 公演ラインアップ【中日劇場】<2017年2月・雪組『星逢一夜』『Greatest HITS!』>
2016/08/04

8月4日(木)、2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【中日劇場】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。
  
雪組公演
■主演・・・早霧 せいな、咲妃 みゆ

◆中日劇場:2017年2月4日(土)~2月28日(火)
一般前売:2016年12月3日(土)
座席料金:A席8,000円、B席6,000円 

ミュージカル・ノスタルジー
『星逢一夜(ほしあいひとよ)』
※ご利用環境によっては「逢」の文字が正しくご覧いただけない場合がございますが、1点しんにょうの「逢」です。
作・演出/上田 久美子

時は江戸中期、徳川吉宗の治世。とある藩で起きた叛乱を背景に、藩主の子息、天野晴興(あまのはるおき)と身分なき娘、泉(せん)の恋を、烈しく哀切に描きだす。
江戸から遠く離れた九州の緑深き里、山々に囲まれた三日月藩の小さな空を見上げ、天文学に夢中になる少年晴興(幼名 紀之介(きのすけ))は、里の娘、泉やその幼馴染の源太と一緒に星観(ほしみ)の櫓(やぐら)を組みあげて、星探しに明け暮れる日々。晴興は、二人と身分を超えて友情を育むが、少年時代が終わりを告げるころ、別れは突然訪れる。
遠い江戸で将軍吉宗に伺候することになった晴興。晴興を思い続ける泉と、泉に心寄せる源太。彼らには思うままにならぬ運命が待ち受けていた。大人になった三人の関係は、巡る星々のもと、目に見えぬ力によって変貌させられて……。
江戸での晴興の躍進は、はからずも三日月の領民らの困窮を招いてゆく。ついに起きた叛乱の中で、晴興と泉、源太の愛は、哀しく鮮烈な軌跡を描いて、破局へと向かい始める。
2015年に初演された本作品は大好評を博し、作・演出の上田久美子が第23回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞。再演希望が寄せられる本作を、中日劇場公演としてお届け致します。

ショーグルーヴ
『Greatest HITS!』
作・演出/稲葉 太地

人々の心を酔わせ、躍らせる名曲の数々で構成するショーグルーヴ。熱いエネルギーを放つソウルミュージックに乗せて繰り広げるプロローグに始まり、時に甘く、時に切なく、それぞれの時代に燦然と輝き、今なお愛され続ける数多の楽曲に乗せて、クールでありながらもホット、そしてセクシーな魅力を持つ早霧せいな率いるグレイテストな雪組出演者が、煌めくハーモニーと情熱的なダンスをお届け致します。

中日劇場は「星逢」。

いい話だった。
中日劇場は作品選定にもこだわるという話を聞いたことがあるけれど、それにふさわしい作品。

だが、再度観たいかというと……。

話、重いしなぁ……。
主演者が変わるわけでもないしな。

ムラや東京までは行かずに、名古屋でしか宝塚を観ないというお客さんにはいい作品だと思います。

吉宗や貴姫などを誰が演じるかは気になる。

2017年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】<2017年2月・雪組『New Wave! -雪-』>
2016/08/04

8月4日(木)、2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。
  
雪組公演
■主な出演者・・・月城 かなと、永久輝 せあ ほか

◆宝塚バウホール:2017年2月9日(木)~2月19日(日)
一般前売:2017年1月14日(土)
座席料金:全席5,300円

バウ・ショーケース
『New Wave! -雪-』
作・演出/三木 章雄

雪組若手メンバーによるフレッシュなショー!かつての雪組の名場面の再現と共に、未来への飛躍を目指して古今東西の名曲に乗せて歌い踊るエネルギッシュな作品です。オンステージの生バンドをバックに繰り広げられる、ライブ感溢れるエンターテインメントショーをお楽しみ下さい。

中日の裏はバウ、『New Wave! -雪-』!!
ようやくきました!!

主な出演者はれいこ・ひとこ。
チケット取りたい。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

『FALSTAFF』ポスター

次の記事

今日の夜は