花乃さん退団会見

花乃さんの退団が発表され、退団会見が行われました。

もう? 早っ!

と思ったけど、通算2年半くらい、大劇4作と思えばとても短いというほどではないのね。
若くして退団すれば、今後どうするにせよ、いろんな道を選択しやすいよねと思います。

「組替えで花組へ移って、トップ就任が発表されて、そのまま公演に出ている時期が一番、不安でした」

 この頃、明日海にも苦しみを打ち明け、相談していた。その明日海自身が育った月組を離れ、花組へ移ってトップに就いただけに「(明日海が)同じ気持ちといいますか、一番の理解者でした。私も気持ちも伝え、考え方も教わりました」と感謝の言葉を続けた。

 花乃は、花組移籍後初の本拠地作だった「エリザベート」(14年9月)新人公演でヒロインを務めており、同公演の本公演が終了したとき、明日海から手紙をもらったと明かした。

 その手紙には「私(明日海自身)も、トップ(就任)が発表されて、実際、トップに就くまでは苦しかった。それは私が、一番分かっている。これからは、一緒にいい舞台を作っていきたいから、厳しいことも言うかもしれないけど、ついてきてほしい」と書いてあった。

日刊スポーツより。

2人の間にも歴史があったんだなぁ、としみじみします。

卒業の決意は「一番の理解者」というトップスターの明日海りおに、真っ先に報告。昨年末ごろに「ゆっくり時間をかけて」思いを伝え、「『自分の人生なので、自分が一番いいと思う道を選びなさい』と温かい言葉をいただきました」。96期生の同期、咲妃みゆ(雪組トップ娘役)、綺咲愛里(次期星組トップ娘役)には、舞台出演の関係もあり、メールで退団を報告。咲妃からは「放心状態です」、綺咲からは「早いわ。さみしい」と返信が来たというが、年末のタカラヅカスペシャルで共演することを楽しみにしている。

スポーツ報知より。

同期で同じトップ娘役という立場でしか通じ合えないものはあるんだろうな。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。