姉からのメール・20

雪組DC公演『ドン・ジュアン』の前楽と千秋楽を観た姉から感想メールがきたので転載。

●だいもんだし、歌いまくるんだろ〜な見よう!ぐらいの気持ちで来ちゃった。あら?!咲ちゃんもがおりもこっち!?ひとこもあがたくんもこっち!?見たい人集めてくれてなんかスミマセンわーいわーい(^∇^)

●そんな気持ちできたが、重!重いわ!この劇、愛の幸せな部分がほんのすこーししかないね。で、その裏にある苦しみ、嫉妬、焦燥、恨み、自己否定感などよくもまあこんなに愛のダークサイドに焦点当てましたな。アップテンポな音楽やロック、ダンスでうま〜くマスクされて、ノリノリで見させられるけども、場面場面を理解するために常に、愛とは…エロスとは…宗教とは…と哲学的に自分と向き合わされるのでつらーくて(~_~;)しんどーい´д` ;のにすっごい面白かった( ^ω^ )!面白かった!

●出だし、美穂姉の低音のドンジュア〜ンドンジュア〜ンで持ってかれた!あの役の煤け具合、年若の娘役さんでは荷が重かろう、美穂姉に持ってもらって正解だよね。包容力と、一歩引くことでドンジュアンに相手にはされないけど特別なポジを得ることに成功してるしたたかさが出てて、あの人ザ・女だわ!!

●だいもんはもう、なんもいうことないわ。好きにやっちゃって下さい。たまらんわ、この人

●がおり!またそんなビジュアルでww!おじい→ひげもじゃ→亡霊ってのが私の見た近年のがおりなのだけど、ご両親の反応が心配だよ!がおりを見てると私の中のジェンヌの定義がぐらんぐらん揺れまくるのです。で、またそれぞれ達者でさー。今回も温度も質量も感じさせず、スーッと出て来るので見てる方はビクッとなるよww で、例のあの動きだよ、カクカクの。全然かわいくねーわ!全力で気味悪いわ((((;゚Д゚)))))))!うわ!?人ならざる者見てもた!知らんふりせんと取り憑かれるー

●ジュアンと騎士団長の決闘、だいもんフルーレのがおりサーブレって断然がおり有利すぎだろ!って負けてんじゃねーかww それにしても剣のやり取りが早すぎて怖いよ…面もつけずに花のかんばせに傷でもついたらどーすんの!?ヒヤヒヤでスッゲー手汗かいた

●この劇、場面転換がスピーディで場面から場面の繋ぎの暗闇とか、人がいなくなる場面があんまりなくて、場面の終わりと次の場面の始まりが重なるような感じで退屈せず。とても入り込みやすい

●あがたくんの男っぷりが上がってますなあ〜。歌も歌えるのね、この人。かっこいいよね。立ってるだけでかっこいいよね。顔は優しげなのにナゼかリアル男枠にカテゴライズされてます

●ひとこもリアル男枠。るろ剣にてちぎたさんは流れるようなキレ味鋭い殺陣だったのに対し、ひとこはガシンガシン音がしそうな全体重剣にのせるようなパワータイプの殺陣で腰の落とし方もちぎたさん同様に様になってるし、この人もスポーツできそうだわーと思ってBlu-ray見てたんだけど、最後のフィナーレで写り込んでる時にすっごい笑ってんの♪( ´▽`)←こんなぐらい笑ってんの(笑)抜刀斎ではキリッかニヤッだったからびっくりしたわ。微笑みじゃなくて声出して笑ってそうなくらい笑っててなんかツボだった。抜刀斎も楽しかったのか!良かった!で、今回プログラムがあらまあイケメンで!歌も歌えるのか!知らなかった強いなーこの子

●カリスタのPちゃんの青い羽織り?を着てる子がいないかい?男らしい風体の。ちょっとPちゃん思い出して切なくなる

●「殺すべき敵はオレだった!!」のセリフ!(◎_◎;)このセリフ刺さるわー。だいもんの演技も危機迫ってます

●ドンジュアンなんで死んだのかだけども、一つ思ったのは、マリアに、罪人であり悪行を重ねてきた自分と共に生きることで生ずるであろう先々の苦しみ(人々の非難や嘲り、恨みなど)を与えたくなかったのだろうかなーと。自分が男にも女にもうらみを買いまくっているのは重々承知しているし、そんな自分と結婚したエルヴィラの、堕ちていった様と周囲からの酷い仕打ちを目の当たりにしているし。今まではそれがどうした?!ぐらいに思ってたのが、愛する人ができて初めて自分がやってきた悪行が愛する人に実害を及ぼすかも知れない恐怖を感じ、何としてもそれから守りたくて、それであの行動なのだろうか?

●でも、守りたいなら何も死ななくても、別れるだけでもいいじゃん?って思うけれども、それだと自分が嫉妬で狂うし。恋人の過去までも欲しがる、愛に目覚めたピュアな十代のようなドンジュアンはそんなことできそうにもなく

●あと、もしこのままマリアと共に生きていったとしていつか死ぬだろうけども、そこでの死は「単なる罪人の死」だけど、「愛する人をかけての決闘」で今死んだ場合は「愛に死んだドンジュアン」ってことになるからこの時に死にたいってことなのかなー?「罪人でなく人として死ぬために」って言ってるし。いや、いつ死んでも罪人は罪人だよと現代人の私は思うけども。とつ国のことはわからん。宗教的なことはよく知らないので、この程度が姉的解釈の落としどころというか、限界ですわ(~_~;)。で、ドンジュアンなんで死んだんだろう?

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

旅してきた