花大劇『ME AND MY GIRL』感想・3

●Aパターンのランベス・キングとクイーンは瀬戸くんとちなつ。

瀬戸くんはあいかわらずのイケメンで、ほんとありがとう!

ちなつは女装しつつも立ち方がガッとしてて、まさに下町のクイーン。
強いです。
生命力あふれてます。

・客席降り、私は下手側のセンター通路付近にいたんですが、花乃さんがまず降り、近くにはかれーちゃん、じゅっちゃん、仙名ちゃんら可愛いどころが来てくれて嬉しかった。

●図書室のご先祖様はみなさんキャラが立ってて楽しい。
が、カツラなどを着用していることもあって1度しか観れなかった身には誰が誰だか。次、頑張ろう。

数学者っぽい人が気になりました。

●ランベスの街角では警官がいい声すぎてなぜか笑えた。

このいい声っぷり、びっくじゃないならおしょうだな(笑)と思ったらビンゴ。
(あ、おしょうというのは勝手に呼んでる愛称です。和海くんの芸名が和尚っぽい、というところで)

・「夜の女」にめちゃくちゃきれいな子がいた!
紗愛さんかな。

・幻想の女、赤茶っぽいドレスの娘役さんの動きがきれいだなぁ、と。

・この場面は口笛(カゲ)のメンバーに瀬戸くんまで入っていて豪華。
メンバーは日替わりで、その日は誰が担当してたかまではわからないけどね。

●フィナーレのロケットは、最初8人くらい(うろおぼえ)が花道から銀橋に出てくるところからスタート。
下手がわのセンターが亜蓮くんだったはず。
(ジェンヌさんの顔を覚えるのが苦手なので、こういうとき知っている人だと嬉しい。また、文化祭でおぼえた子だと胸熱具合もひとしおである)

・瀬戸くんとその回のマリアさんの銀橋。

なんかねー、うふふふってなりますね。
瀬戸くんのイケメンな包容力と、娘役さん(私が観た回はべーちゃん)の可愛さと。

・キキちゃんセンターの場面では、かれーちゃんと並んでちなつが「踊る紳士A」扱い。

ちなつ――――!!
毎度思いますが、いやもうほんと、月組時代の扱いの微妙さを知ってるだけに感慨深いです。
花組行って出世したなぁ……。

かれーちゃんはジャッキー回だったため顔色が白くて、それが耽美というかなんというか。
退廃的な感じにどきどきします。
エリザ黒燕尾で黒天使メンバーを見つけるとちょっと嬉しい、というのにも近い。

・パレードではPちゃんが一人降り。
餞別でしょうが嬉しいです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。