『Voice』感想・2

月組シアター・ドラマシティ公演『Voice』4月16日(土)16時公演の感想。
1回しか観てないので覚えていることだけを思いつくままに。(っていつもか)

・第1幕、「遠い未来」設定なのにめっちゃ普通なかっこうで出てくるルリとミツキ。
未来感なし(笑)。

・ルリとミツキは「歌も踊りも芝居も失われた時代」の人。
彼らがロボットから歌などを教えてもらうという設定なんですが、このまま2人が歌もダンスもしなかったらどうしようかと思いました。

・ロボット役の衣装好き。可愛い。

・まさお、歌うめー!!
しかしとってもまさおー!!

いやぁ、久々に聞いたら濃かったわ!

本公演で歌ったのよりまさお度が高かったわ。

・「朗読」ってこういうふうに使われるのか。
まさお用にワンコーナー設けられると思ってたから驚いた。(いや、別にいいんだけど)

・いろんな懐かしい演目が上演されて胸熱である。思い出がよみがえる。
ちょっとサヨナラショーっぽい。

・「PUCK」は元祖(?)妖精のからん・あーさはさすがの可愛さだった。
衣装は変わってもプロ妖精。

・あーさの髪型おもしろいな。トサカのようなモヒカンのような。
(2幕は普通でした)

・「サイラモナムール」はどうしてこうも興奮するのだろう。
否応なくテンションを上げられるんだよ。

・泉里ちゃんのジュリエット!
可愛い! 歌うまい!!

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。