『THE ENTERTAINER!』感想・5

4月16日(土)11時公演を観てきました。
これが4回目でマイ楽。

●今回は初の2階席。

2階だとフォーメーションなどがきれいに見られていいですね。
特に初舞台生ロケットの「102」。
これは2階席が断然きれい。

・ロケットで横1列になったとき、左から5人目の娘役さんに目を引かれました。
目線の送り方などが強くて堂に入ってたんだよね。

あとから『ル・サンク』を確認したら首席の舞空さんだったもよう。

・ちなみにこの日の初舞台生口上のときのソロも彼女。
歌っているときも笑顔で、でも顔が崩れないのはいいなぁ。

●ひさびさの観劇です。

イリス・マーベラスさんのカツラが前に見たのとはたぶん別物でした。(少なくとも『ル・サンク』とは別物)
女っぷりが上がってました。

・ミッチェルにミッキーが「田舎さ帰るんす!(帰れ)」みたいなことを言うところ、前からこんなに激しく東北弁だったっけ。
みっきーも秋田出身だから、宛書か?

・プロローグでは銀橋にいるみきちぐかっけーなー、と。髪色がおしゃれなの。
芝居と同じ人とは思えないよ!
というか、非ヅカファンは絶対に気づかないままだろうなぁ。

・この日のジョンソン先生とベニー・カメレオン。

「この前同窓会で初恋の人と会ったの~。ヨボヨボでさ~、100年の恋もさめるって言葉の意味がわかったの」
「106年生きたらそれだけで丸儲けよ!」

正確じゃないでしょうがこんな感じでした。

さんまさんの娘は「いまる」だったなぁ。
生きてるだけで丸儲けなのは関西人の感覚なのでしょうか。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。