『Apasionado!!III』感想・3

image

●最初は白いドレスのちゃぴのダンスソロ。
踊れる娘役っていいわぁ。
それが娘役トップで、こうして場を与えられてるっていいわぁ。と、誇らしい気持ちで観ていました。

・続いて娘役さんがたくさん出てきて一緒に踊る。

隊形が整ったところで、ちゃぴさんだけでなく隣の叶羽さんにもピンスポが当たっていたような。(ちゃぴさんのおこぼれではなく)
ショーでは娘2格ですよ、ということかな。

・となるとわかばは……? というところですが、わかばは男役さんとのデュエダン担当みたいな感じでした。
カチャ・あり・たまきちとちょっと目立つダンスがあります。

●ものすごいマントを着て階段付きのたまきち登場。
会場がどよめいているとなぜか私が嬉しい(笑)。
そうそう、ヅカってとんでもないことやらせるのよねー。

たまきちのソロはなんというか「まとも」。
歌でずっこけないのはいい。

・マントが飛んで男役ダンス、という流れだったっけな。
汗だくで真ん中で踊るたまきちが愛おしいです。
勝手に親目線になります。(自分がたまきちの親世代でもないのに)

・スパニッシュなちゃぴさん、かっけー!!
ほんと貫禄あります。(いい意味で)

・客席降りはほんとテンションが上がる。
このショー好きだ。

●ファンタスマの場面のヒロインが叶羽さんなのは最初びっくりした。わかばじゃないのかー。
(だからやっぱり娘2格なのか)

・ファンタスマ男女のダンスはすごく好き。
なんだけど、あのエビフライみたいな振りのとき(うつぶせになって片足を上げてる状態)、脚が少し横に倒れてる人とほぼ真っすぐな人がいてそれが気になる。
倒れてるほうが正しいのかなと思うんだけど、どちらかにそろえてほしい。

・この場面の歌手はまゆぽんとはーちゃん。
聞きごたえがありました。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

特技は持久走