『ヴァンパイア・サクセション』配役発表

昨日ですが、宙組DC/KAAT公演『ヴァンパイア・サクセション』の配役が出ました。

発表された配役から一部抜粋。

ジェームズ・サザーランド(狂気のES細胞研究家) 華形 ひかる
カーミラ(女の死神、天国の正社員になれず派遣の死神) 伶美 うらら
ルーシー・スレイター(女子大生、両親を911で失う) 星風 まどか

公演解説にあった女子大生ルーシーはまどか。
ヒロイン格だと思うんですが、別枠には書かれず学年順で表記されてるだけなんですね。
ということは小公演ヒロインにはカウントされないのかな。

ていうか、役の説明からヤバいものを感じる。

みつるの「狂気のES細胞研究家」には小池さんか! とつっこみたくなった。

うらら様は「天国の正社員になれず派遣の死神」――ウザいセリフやらなんやらを舞台上で繰り広げられませんように。
コメディを盾にとって神経を逆なでするようなものになったらイヤだわ。

まどかの役は「両親を911で失う」という背景が。
これも都合よく使われないことを願う。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

金沢散策