『Shakespeare』感想・2

雪組公演はじまったけど、まだ感想を書き終わってないのでとりあえず書く。
夜が明けたら遠征なんだけどね!!

●まかまぁ! まかうら! と脳内を嵐が駆け巡るなか、舞台上のカップリング?はそれだけじゃありませんでした。

こ、これが噂の愛×ずん……。

ソファーでいきなりなにやってるし。
マジか。別にいいけど。

「萌え」的な方向性ではノーマーク(というか、そんなにツボじゃない)な2人なんですが、えっと、据え膳ありがとうございます。出されたものは残さずいただきます。
ずんちゃんがイイ感じに色気が出てきたなー。
既視感があると思ったんだけど、たぶんキムラさんだな。主演バウのときも思ったけど、やっぱ似てる気がするわ。

●あとうらら×まどか!!
いい百合ですありがとうございます。
別にカップリング的ななにかが作られてるわけじゃないけど。

というか、うらら様がやっぱり最強の攻様すぎてなぁ……。

にしても生田くんは、なにゆえこんなに腐女子に餌をくれるのか。
サービスが手厚すぎるだろうよ!!(ごちです)
ご本人が腐男子なのか、この手のものが好きなのか、実は無意識なのか(んなわけあるか!)、単なるサービスと割り切ってるのか、かなり本気で聞いてみたい。

●そういやチラ見したスカステだったかなにかで、愛ちゃんが「逆のイメージで」と言ってましたが、盛大にツッコみたかった。
登場シーンで愛ちゃんが薔薇を、ずんちゃんが剣を持ってセリ上がってくるんだけど、愛ちゃん的には役柄上やってはいるが本人たちとは逆のイメージだ、という意味で言ってたと思う。

私の中では愛ちゃんは薔薇を片手に生まれてきたイメージだよ。
『エル・アルコン』の薔薇をくわえて出てくる人(キャプテン・ブラックだな)やってほしいもん。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

新年の殿堂・2