花詩集新公を見たんだ・2

・たまきちは、スミレの場面で羽根扇を持った男役をしたがえてる場面が一番いいなと思う。
貫禄を感じるし、「野郎どもついてこい!」的なオラオラ感が似合う。

そういや『Bandito』のときも男役の真ん中にいるのが似合ってたなー。

銀橋ソロのあと黒燕尾になるんですが、この場面のたまきちもよかった。
男役集団の中での求心力あるよねぇ。

・しかし娘役に囲まれているとき、「すみれの花咲くころ」の歌詞が「ツミレの花~」と聞こえるのが……。

・たんちゃんが歌いながら銀橋渡ってるー!! とちゃぴが泣いたという話を思い出しながら、私も胸熱になる。役名はレディ。

・6メートルドレスの裾を持つ係(役名「少女」)に泉里ちゃんと美園さん。
歌える娘役としてのちょっとした見せ場ですね。

・ありのソロ「ラヴィアンローズ」と娘役群舞は新公のみの場面。ロケットの代わりかな。
さすがダンサー、これでもかと脚が上がる。

娘役も銀橋を渡るのが大サービスだ。

・ブラックローズSにあーさ。
帽子が「JUN」とちゃんと新公バージョンになってるー!!
お衣装部さんの愛か?

かっとばしてて楽しかった。

本公演に比べてBL感はない。(って、それが正しいんだけど)

・本役がたまきちの「詩人」にれんこん。
いい声なんだけど、銀橋を渡りながら歌うのには経験値の低さを感じた。当然っちゃ当然か。

・新公オンリーの場面でまゆぽんとはーちゃんによる「花は咲く」。
泣く。噂には聞いてたけど、これは泣く。

画面越しだけど、清らかな歌声にふわーっと劇場全体が包み込まれるのがわかる。
こちらが浄化されていくように感じる。

主演格の2人ではなかったけれども、もしかしたらそれ以上に大きな印象を残した。
ふとハマアミを思い出したわ。(言わずと知れた、かつての雪組の裏トップコンビですな)
雰囲気はあんなに濃くないんだけどさ。

・たまうみの銀の花デュエダン。

たまきちがギラギラした衣装を着てオラオラしてるとなんだか昭和。そして男。
でもこれはこれでよかった。

くらげちゃんはアンドロイドっぽい。
本役のちゃぴも硬質な雰囲気でびしびし行ってましたが、くらげちゃんも持ち味がクールなのでばしっと。
雰囲気は硬質だけど、ダンスはきれい。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

買い物