『ナルシス・ノアールⅡ』感想・1

●雪組全国ツアー公演『ナルシス・ノアールⅡ』8月25日16時の回を観てきました。
梅田楽です。

1回しか観てないためきちんと覚えていないので、あまり細かいことは書けません。

●開演アナウンスで『ナルシス・ノアール・トゥー』と言うのはえりたんのこだわりなのか演出家の指示なのか。
そこで笑いそうになったぞ。

●『ナルシス・ノアールⅡ』はテンポがゆっくりしている。

特にプロローグは曲と合わせて振りもゆっくり。
「有酸素運動で脂肪燃焼効果!」を狙っているのかと思った。
相手はジェンヌさんなのに。

・あゆっちは多少痩せた……?
でもリフトがなくてほっとしたのもまた事実。
(梅田はともかく全国を回ってるうちにどうなるかわからんからなー、そして他の雪組生も)

・男役のターバンはあまり好きじゃない。
顔がわかりにくいし。

・プログラムに書かれている役名「歌うナルシスト」「ナルシスト」って、もうそれだけで変なツボを突かれる。
そりゃショーのタイトルが『ナルシス~』だからそのまんまっちゃそのまんまなんだけど。

●咲奈のパック似合うなー。これが若さか。

●2階席だったので客席降りはよくわからないけど、ともみんがソロで歌うところで降りてた。
でもあんまり奥まで行ってる雰囲気ではなかったな。3列目くらい?

ともみんは歌いだしを間違えてたような。

●ジェラシーの場面(だったと思う)で、誰かが落としたアクセサリーを拾って袖に投げてたうきちゃんがかっこよかった。

・ひーこのダンスはやはり目がいく。

●唐突に「サンバー!」な場面。間奏曲なんですね。
いかにも若手男役のために用意されたっぽい感じ。メンバーはきんぐ・がおり・レオくん・うしくん。

・うしくんは若いのに安定感のあるお人である。
なんだあの存在感。

・きんぐには「若さを振りしぼってがんばれ!」と言いたくなった。
若くないわけじゃないんだけど、中堅になると妙に落ち着いてくるというか……。

●続く場面が「光と影」。
えりたんとともみんの場面で、えりたんが光、ともみんが影。

学年や扱いが許せば、影をうしくんで見たかった。
単にえりたんと顔が似てるからなんですが。(ネタか)

●レクイエムを歌うあゆっちの場面のコロンビーヌ2人がかわいい。
ももとうきちゃんです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『ナルシス・ノアールⅡ』感想・1” に対して2件のコメントがあります。

  1. YAYOI より:

    はじめまして。
    ブログいつも面白く拝見させていただいてます。
    今回のショーの感想、ひとつ気になったこと。光と影の場面で、(さんで観たかった)の表現、実際影されてるファンの方よんだら、すごくがっかりします。私も、せっかく贔屓がいい役演じてるのにこのような言い方されたらいやだなと思い、勝手ながら感想書かせていただきます。ささいな表現でも、気になりました。実際の感想でなく、でみたい、は未見の人間にははぁ?と思いました。他のシーンは実際の感想なのに、残念です。

  2. ゆきたろ より:

    >YAYOI さま
    お気を害されましたか。
    失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。