『ルパン』新公感想・3

●ガニマール警部はたぶん誰がやっても大変です。

暁くんはがんばってました……が、やることに追われていっぱいいっぱいに見えました。

だいいち本役のマギーさんが強烈すぎるし、笑いをとるのって大変ですよ。
客席はよく笑ってましたが。

気になったのは、下手に歩いていったときルパンに呼び止められる前に踏みとどまりかけていたこと。
人の芝居に反射するにはまだまだ経験値不足なんだろう。

●海乃さんのフラヴィは笑わせてきた。

外見は風紀委員長といった風情。
女らしくしゃべるとアニメ声系のかわいさ。ギャップ狙いの萌えキャラですね。

彼女が雄叫びを上げたのはびっくりしたぜ。

●号外売りの子(男役だったと思うから蒼瀬くんか)は目が爛々としてて……彼にも変なツボを衝かれました。
この子、めっちゃニュースを愛してると思う。
誰も知らない特ダネが自分の手によって世に知らされることが生きがいで、それが彼のアイデンティティって感じ。

●舞踏会の女で気になる子がいた。
上手で2人でしゃべってるうちの片方なんだけど、セリフがなんかいいなと。
誰だったんだろう。

●人殺し3人組の中では佳城くんのデューブル・チュルクがよかった。
どことなくかわいらしくて、セリフもいいな。
「4日前」もよかった。

プス・カフェの春海くんは髪型が変。

フィナールの翔我くんはセリフが走っちゃってときどき聞こえなかった。

●ルパンのコロスは娘役さんも入ってます。
メンバーは紗那・晴音・春海・蒼矢・蒼瀬・朝霧・音風・蒼真。
(「蒼」多いな)

ゆずはちゃんをはじめとしてかっこよく踊ってたけど、マントをひるがえすのってむつかしいだろうなぁ……と思ってみてました。

●コメディっぽい演出がいくつかなされてます。

一つは前述の、オックスフォード公の震える手を支えるカーラ。

それ以外におぼえているのは、「コケコッコー」のあと後ろからつつく真似をするマリ・テレーズ。

それとカーベットが撃たれてドナルド・ドースンが現れるところで、人殺し3人組が「ドナルド・ドースン」「ドースン」「どーすんだ、俺たち……」ってやつ。

最後のは、仮にも人が死んだ直後のダジャレだったので、あまりいい気持ちがしなかったわ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『ルパン』新公感想・3” に対して2件のコメントがあります。

  1. つきこ より:

    いつも楽しく拝見しております(*^^*)
    初めてコメントいたします。
    新人公演の舞踏会上手で台詞が有った娘役さんですが、向かって左側の香咲蘭ちゃんのことではないでしょうか!?
    「イギリス王室はいつもそうだ」みたいな内容です。
    私は応援してるので贔屓目かもしれませんが、今回、台詞の声がても良かったと思いましたので(^^)/

  2. ゆきたろ より:

    >つきこ さま
    おっしゃるとおり、向かって左側の娘役さんだったと思います。
    香咲さんなんですね。
    また1人、気になる娘役さんが増えました。
    教えて下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。