流行も何回りかすれば・4

30数年前の『歌劇』を入手しました。
定価は300円。
レトロさが面白く、でも基本路線の変わらなさに驚き、現在との劇団の状況の違いに首をひねります。わからんことがたくさんある…。

e6da2dfb.jpg


1978年5月号、表紙は麻実れい様である。

カラーポートの古めかしさが、自分の親の若かりし頃の写真をみるかのようだ。

まず時代を感じたのは、池銀の広告を東千晃さんがつとめていたこと。
このときから池銀と宝塚の関わりはあったのね。

「他流試合に挑戦の宝塚スター」の項で司このみさんが挙げられている。
このとき既に現役ではなかったが特別に、と。

不思議なのは「司このみは、当時は月組の、しかも声楽部門の生徒であった。」と書かれていること。
専科さんで「舞踊専科」「演劇専科」などがあったらしいことは知ってるけれど、当時は普通の組子もそういう役割分担があったのかな。

「別れ・きらめき………安奈淳」と、安奈さんのサヨナラショーの様子が出ています。
が、写真はスカーレットと緑の袴姿。それも、モノクロではっきりしないけれど、髪型は娘役のようなお団子?
男役だと思うと、すごく変な感じだ。

初舞台生がトップさんを囲んでの座談会。
今の座談会と比べてずいぶん研1生が自由にしゃべっている印象。

男役の中に「私、女役したいんです」という人(郷さん)がいて、身長は161.5センチだという。今なら迷うことなく娘役だが、当時はこれが「ちょっと中途半端。だからどっちつかずの状態で……」というような身長だったのね。

えと文らしきものが各組2人ずつある。
というか、えと文そのものは各組1人で、もう1人はエッセイなのだろうか。よくわからない。
下級生の楽屋日記はまた別にあるしなぁ。

退団者のあいさつページの文章が長い。
各人、3段組の2段分くらい書いている。
しかも字が小さい。
昔ってほんとに『歌劇』は字だらけだったんだな。

公演ガイドはふつうのことしか書いてないんだけど、今との違いが興味深いです。
大劇場公演のチケット代がSS席二千円、S席千五百円、A席千円、B五百円、C席三百円は、物価の違いとはいえすごいな。
東京公演が少し高いのも今と一緒。
(A席二千八百円、B席千八百円、C席千円、D席五百円)

ちなみに地方公演はA席三千円、B席二千五百円、C席千五百円、D席千円。
バウは作品によって三千円のものと千五百円のものがあります。

プログラムの価格は、大劇場公演が150円、東京公演は200円だけど250円のものもある。
基本的には脚本入りのようです。
なんで大劇と東京で値段が違うんだろう。

こういうのを読んでるだけで面白いなー。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

流行も何回りかすれば・4” に対して2件のコメントがあります。

  1. hanihani より:

    こんにちは!
    この歌劇を普通に購入していたので回答を(笑)
    >>SS席二千円、S席千五百円、A席千円、B五百円、C席三百円
    大劇場はこれにファミリーランド入場料が1000円か500円か忘れたけどあったんですよ。
    だから東京より安かったですね。
    しかもB、C席なんて角度が急なんで絶壁みたいでした。
    初めていったときに(大学に入ったくらい)座ってるのに転がり落ちそうでしたが、そこに姿勢正しく座ってる予科生にまじで感心しました。
    >プログラムの価格は、大劇場公演が150円、東京公演は200円だけど250円のものもある
    東京と宝塚ではまず、サイズが違いました。
    両方とも脚本がついてたので、あとで自分たちで
    演じることも可能でした(笑)
    で、お値段はベルバラとか風ともとかの著作権がりそうなのが250円で値段が高かったと思います。
    ただ、そちらはカラー写真が多くて少し厚かったです。いまみたいに稽古場写真とかないし、でも脚本があったほうが楽しかったですね。
    基本は東京だったのですが
    D席500円は当時の値段としても安かったし
    いつもD席で観ていることが多かったです。
    映画はすでに1000円だったと思うの。
    あと、芝居とショーの2本立ての時は
    ショーから入ると半額とかで
    入り口で座席表を見ながら「いま、空いている席」を購入して休憩時間から見ましたね。
    当時は1公演20回30回と観ていたのが懐かしいです・・・あはは

  2. ゆきたろ より:

    >hanihani さま
    こんなところにリアルに買っていた方が!! ファン歴長っっ。
    ファミリーランド入場料……そういえばそんなものが必要だったとどこかで読んだ覚えがあります。
    それで安いんですね。
    転がり落ちそうな傾斜とは、劇場にいながらにしてジェットコースターに乗ってるようなものでしょうか…。
    プログラムのサイズが違うってなんででしょうね。
    純粋な疑問。
    物価が違うとはいえ、当時のチケット代の安さと、ショーだけ観られるというシステムは羨ましいです。
    教えて下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。