全ツ版『カノン』感想・2

全国ツアー版『カノン』の感想の続き。
思いつくままに書いてるので順番は適当。

●『カノン』プロローグの客席の拍手の揃いっぷりに感動した。
というか、花組ファンの体にテンポが染み付いてしまったのでしょうねぇ。

●ダブルデュエダンのえりたんの相手はじゅりあ。
蘭寿さんと組んでいるときはさみしそうで悲壮な顔をしていて、それがえりたんと組んだ途端に満面の笑顔になる。
「運命の人と出会えた」とか、そういう感じの役作りがあるのかな。

●まあくんは本公演同様ホモってました。
現地にいたミキティをつかまえて「なんでまあくんにホモっぽいところを2ヶ所も振ったの?」と聞けばよかったわー(そんな度胸ありません)。

男役6人を食い散らかす「パシオン・ネグロ」。
本公演では最後の人をスルーするという鬼畜っぷりを見せてましたが、今回は4人目をスルーしてました。
顔は覚えてないんだけど、立ち位置からしてマキシムかな。

3人目の子(キキだったはず)の腰の落とし方はなんかいいなぁ。

●今公演も蘭寿さんはよく反ってました。
娘役ならいざしらず、男役でこんなに反るシーンが回ってくるなんて。めったにないことよ。

演出家も振付家も「蘭寿さんの売りは反り!」と思ってるのでしょうか。

反りだけでなく、不思議な身体能力は発揮されてましたねぇ…。
あいかわらず素晴らしくまゆさんでした。

あと、なんか赤かったし。満足。

●プロローグ最後に蘭乃ちゃんの片脚を上げさせて、おなかをツーっとさわるところ。
蘭寿さんが客席をみながら触ってるのが、これはなにかのプレイなのだろうかと思えてなりません。

表情は土曜のほうがいやらしかったなー。
客席に見せつけてるみたいなニヤリ感があったの。

日曜の千秋楽はなんとなく寂寥感のようなものを感じたなー。

●中詰ラテンの客席下りでじゅりあ様がミキティ、ダーイシあたりを見て大ウケしてました。
なにかアピールされたのかな?
その後もノリノリで、両拳を交互に上に突き出しながら本舞台に戻っていきました。

●続く3人の「あなたと夜と音楽と」。
昨日ほどだいもんからのイチャイチャ感は感じなかったんですが、えりたんが投げキッスをし、蘭寿さんがそれを吸ってました。
吸うなwwwww

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

全ツ版『カノン』感想・2” に対して2件のコメントがあります。

  1. mize.24653 より:

    花組全国ツァー千秋楽、ご一緒だったみたいです。(^^)/
    チケット売りのお姉さん、通りすがりに見て、一目で、あ、OGさんだとは、わかったものの(ホントにスマートな美人さんで1人、全く違う雰囲気を漂わせてて・・)名札は本名だし、とっても気になってました。一色さんだったんですね。この前まで見てたのに、ぼんやりな私は言われるまで気づきませんでした。やっと、スッキリしました。
    じゅりあ様が客席降りで、1人超ノリノリなわけもわかりました。
    そして、確かにダブルデュエットダンスの時のじゅりあ様は、眉間にシワがよって、悲壮感漂う時と、満面の笑顔の落差がすごかったです。
    一花さまも、お芝居では久々に娘役らしい、よい人な役でほっこりしました。
    組がえで来たキキちゃん、全国ツァーとは言え、星組にいた時より、よい扱いだったと思います。
    花組は、今後、みつるくんの「おかしな二人」とても、気になります。理事さまは、前回と同じ役なのか、それとも未沙さんがやってた几帳面男の方なのか?まぁ、理事さまは、どちらでもできるだろうけど。
    大劇場の星組さんの感想も楽しみにしてます。
    m(__)m

  2. ゆきたろ より:

    >mize.24653 さま
    ご一緒だったんですねー。
    いろいろな謎がとけたようでなによりです(笑)。
    私も教えていただかなければ一色さんだと気づかなかったかもしれません。
    また梅芸に行ったときは会えるかも、と楽しみが一つ増えました。
    お芝居もよかったですよね。
    キキちゃんは単独でパレードの歌手ですもんね。全ツとはいえ。
    本公演でもトリオかダブルでセンター下りしてきそうです。
    星組の公演感想もぼちぼちと書いてますのでお待ち下さいませ。
    あんまりろくなことは書いてないかも…ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

テンション上がる

次の記事

研11転向