平成の世に

平成の世もすでに24年目。
そんな中、投下された『宝塚巴里祭2012』のポスター。

すごく、昔っぽいです。

昭和の時代に作られたものと言われたら納得する。
それどころか、宝塚ができたはじめ――大正の世の作だと言ってもだまされるかもしれん。いや、それはさすがにないか。
フルカラーだし。

ともかくも、レトロ感あふれるポスターであることに変わりはない。
みっちゃんの持ち味のせいか、演出家の岡田先生のセンスによるものかは不明だが(…ということにしておこう)。

みっちゃんの背後の水しぶきのようなものが気になります。
みっちゃんが水芸くらいはやりそうで、その予告ではないかと疑いたくなります。

扇子から水を吹きあげたり、さまざまな楽器から水を吹きあげたり……。
ついでに和傘の上でいろんなものをまわしてみたり…。
そんな巴里祭はイヤだ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

平成の世に” に対して2件のコメントがあります。

  1. スイートオレンジ より:

    こんにちは
    いつも楽しく読ませて頂いてます!
    パリ祭のポスターはいつも古臭い感じですね。前回のまっつもレトロでした。
    なんか適当に作っている感じがします。
    内容からして、しばりみたいなのがあるのかも?ですが、久しぶりのポスター登場なのに…。

  2. ゆきたろ より:

    >スイートオレンジ さま
    パリ祭のポスターは例年古臭いのですね。
    なにか決まりでもあるのでしょうか。それともこだわりが?
    過去のポスターが気になってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

雪組本Ⅴをみたんだ

次の記事

待望のDVD