『華やかなりし日々』感想・4

4月15日に観たあと、約3週間ぶりの観劇となりました。
初見ではないため余裕があったのか、脇の女役さんたちの芝居も堪能できました。

●せーこちゃんのアンナ・ヘルドの演技が変わったのかな?
印象がかなり違った。

れーれのポーラを「この子じゃダメよ」と言うところ。
前に観たときは気が強くて居丈高さが前に出てたけれど、昨日観たときは優雅さが前に出てた気がする。優美さが大スターらしさにつながっている。

どうダメなのかを説明するときも微笑んでいて、雰囲気が一見柔らかい
ただし、そのぶん底意地が悪い。

この顔にともちん=フローレンツはだまされて結婚したんだろうなぁ…。

●それを見たすみ花ジュディが「人間としてのあなたは尊敬できないわ」「こっちからお断りよ」と稽古場を出ていくんだけど、去るジュディを見ながら「バイバーイ」と嬉しそうに手を振ってる人がけっこういるのね。
ライバルが減る嬉しさかしら。

●アンナがウィンター・ガーデン劇場に引き抜かれた話を盗み聞きしてるジーグフェルド・ガールズの芝居も熱くなってるなぁ。

●あゆみ姐さんの「ディガ・ディガ・ドゥ」はパワーアップした。
調子っぱずれな歌がさらにパワフルに。

回りの「スキャンダル」のダンサーたちのイヤそうな顔もパワーアップ。

●ラスト近くのジーグフェルド・フォーリーズのレビューシーン、ブランコに乗ってる娘役2人の存在にはじめて気づきました。
ずっとすみ花をガン見してたからなぁ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

最後まで・1