『近松・恋の道行』配役発表

景子センセイ演出のみわっちバウ『近松・恋の道行』の配役が出たんですが、役名だけでなく役どころがちゃんと書いてあるのが非常にありがたいです。

現実世界の人と、物語世界の中の人たちがいるのね。
入れ子構造になってるのかな。
近松さんか誰かが境内で遊ぶ子供に話を聞かせる形にするとかかな?

さて、すごーく食い付かずにいられないのが、タソの吉沢あやめ。
上方を代表する女形。

これまでのタソの役って、ワンサでなければおっさん系かネタキャラっぽいのが多かったんだけど、景子センセイだから吉沢あやめをネタキャラにして振ってくるとは思えない。
きっちり、ガチで、女形なんだろうな。

想像がつかん。
だが、震えるほど楽しみ。
ぽってりまったりした空気をまとわせて、本気で女形になりきるんだろう。タソは演技が上手いからね。
見たことのないタソが見られるんだろうな。

こういう想像の斜め上をいく配役ってどきどきする。
興味をかきたてられる。

早く初日を観たい。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

『REON!!』感想・8