『Shining Rhythm!』感想・3

●中詰め後に銀橋に残るきんぐ・あゆの歌はなんか昭和歌謡風味であった。

●「光と影」の場面は目が足りんと思った。特にまっつメインの影のシーン。

●光(男)Sのキムラさん。エジプト風の歌をうたうんだが、これがすごいっす。
よくこんなの歌えるなぁ。

ところで、「明るく振舞ってるけどこれって実は悪い役なんだよね?」と途中まで本気で思いながら観てた。なんでだ。
勝手に黒キム要素を探してしまったわ…。

●夢華さんとデュエットするがおりちゃん。
とりあえず拍手が入っててほっとした。前作での彩彩との3人銀橋渡りは辛かったもんなぁ…(空気が冷えまくってた)。

がおりちゃんは最後のほうに1人で歌いながら銀橋を渡るシーンがあったと思うんだけど、そこはさらに大きく拍手が入ってて嬉しかった。
が、初見ではある種のご褒美かと思った(あそこでは辛い役を負わせてごめんよ、的な)。

歌える夢華さんに歌の場面が回ってくることの是非はさておいて、なんつーか、やっぱり素直に拍手しづらい場面てあるのよねぇ…、と考えてしまったわ。

●フィナーレの黒燕尾の踊りで大階段に男役がずらりと並ぶ。

センターのキムラさんの後ろは何人分か空いてるんだけど、最後列のセンターにあすくんがいて心の中で叫んだ。つい変なテンションになった。
(蘭蘭『ファントム』男役ダンスにおけるびっくの位置。って、覚えておられる方が何人いるだろうか…)

これも当日B席だと見えなかったりするんだけど、1階席からだとあすくんの位置がなんか目立つんだよねー。

●きむみみのデュエダンでのカゲソロはにわにわと朝風くん。
男役2人というのも珍しくていい。

●エトワールがさらさちゃんというのが本気で嬉しい。
やっぱりエトワールは普段なかなか日の目を見ない職人系歌姫の見せ場であってほしいと思うのよ。

●パレードのセンター降りの人数が多くて、華やかなお祭り気分になりました。
センターで降りる人が多い=ウチの組にはこんなにスターがいるのよ! みたいな感じがするから。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。