『ドン・カルロス』感想・2

今回のキムみみはまともに恋愛していた。

身分差が障害になっているものの、恋愛感情は最初から互いにもってるのだよな。
だから「え、いつの間にそんな関係に?!」と思わなくてすむ。
本公演の2本立て芝居部分約100分の間で出会って恋をして互いの気持ちを確かめあって障害に立ち向かいエンディング……って、時間的にむつかしい。
最初から「できてる」関係なら最初の部分ははしょれるので、楽。
観ている側も「ああそういう前提なのね」ですむし。

出会って好きになって…部分が必要ないから、それ以外のところに時間を割ける。
今回の芝居で2人の恋愛がよかったのは、そういう設定上の理由もあったんじゃないかな。

――というのが今回のひとつの発見でした。
だからどうだってわけじゃないんだけど。

ドン・カルロスのキムラさんは、白くてきちんとしてて優しくて、そりゃーいい王子様でした。
レオノールのみみちゃんが王妃様からの手紙を持ってきてくれたときに自分にわざわざ会いにきてくれたと思ってぱあぁぁって輝かせる顔とか。
違うと知っての残念そうな表情とか。

超ストレート。
(マサツカ物では絶対出てこないタイプの男だわ)

彼は表情だけでなくて発言もストレート。
身分が違うから、と弁えようとしがちのレオノールに「カルリートだよ」と一緒に生活していた子供のころに呼ばれていた名前を言うところとか。
舞踏会の場面だっけ、「もう離さない」とか。

うううううなんという王道。
ぎゃあああこれは身もだえすればいいの?
なんかすごいもんをみた。

しかし、演じるのがキムラさんだとまともな白い王子様ものであって、物事を斜めから見ずに普通に少女マンガにきゃーきゃー言ってた小学生のころに戻れるわ…。
これを別の人がやったら違う意味で身もだえしそうなのに(たとえばドン・カルロス役が某赤い人だったらほぼ確実に腹筋が辛いことになってただろうな)。

ビジュアルがきれいな正当派ができる人ってすごいなー、と思いましたよ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『ドン・カルロス』感想・2” に対して2件のコメントがあります。

  1. mize.24653 より:

    この前の日曜日に、見てきました。公演後、トークショーがあって、そこで「お気に入りの場面」を聞かれたみみちゃんも、仮面舞踏会の場面で、銀橋で音月さんに手を取られて、「もう、離さない」と言われる場面をうれしそうに語るとまわりのまっつたちも激しく同意してました。
    ちなみに音月さんは、教会でのスペイン市民との座ったままでの手のダンス場面をあげてました。
    まっつは、バルコニーの場面。音月さんから、舞台にいないじゃないと、指摘されて、舞台袖から見てると言ってました。
    このトークショー、司会がキングだったのですが、ご想像通り、ぐだぐた。
    終了時間が来ると、突然、話を切って、終わろうとして、音月さんたちに、え~?と突っ込まれてました。
    客席からも、終始、クスクスと暖かな苦笑いが響いてました。
    他の参加者は、沙央さんと凉花さん、だったんだけど、このお二人にも、ほとんど、話を振れず。ただ、凉花さんは、退団前、最後に、ファナ(王様まっつの妹で、音月さんやみみちゃんの力になろうとする)という役に出会えて、うれしかったというようなことを言われてました。ホント、いい役だと思いました。
    ハプニングは?の質問に、いろいろあるけど、今の段階では、しゃれにならないから言えないと言ってたまっつ、でも、それが一番、聞きたかった。

  2. ゆきたろ より:

    >mize.24653 さま
    トークショーのようすを教えて下さりありがとうございます。
    グダグダなキングの司会見てみたかったです(笑)。
    「もう、離さない」と言われる場面を嬉しそうに語るみみちゃん、かわいいですね。
    それに激しく同意するまっつの図が気になって仕方ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。