中日アパショⅡ感想・3

お花ちゃんずはきれいでした。

食虫花の集まりじゃなくなってました。
博多座版はみんなのでかさと変なやる気にあふれたネタ感が強かったんですが、それはそれで楽しかったですが、ちゃんとかわいい中日バージョンもいいですねー。

今回はみなさんふつうに美女。
さすがゆうひさんが「女をみせろ!」と指導(?)しただけのことはある。

大ちゃんあたりは元々ふつうに美女枠と呼んでもさしつかえなかったのですうが、まさかまさこ様まで美女枠に入るとは思ってなかったよ。
ツインテールかわいかったよ…。
どういうことだよ。
動揺したよ。

みちこさまはアニメ声は前回そのままに、カツラを変えてきてかわいくなってた。
ネタみたいな謎のみつあみじゃなかった。
でも前髪がピンクだか紫だか(忘れた)が入ってて、それはどーやねんと言いたかったわ。

すっしーさんはゆがみなくすっしーさんのネタ枠で逆に安心しました。
最強ブラック。
ねっとりウィンクが怖いです。

新場面のともちんが客席から登場するところはびっくりしました。ああ、そこからやってくるのか、って。
(遠くからだけど)フェロモンくどい人がやってきたよー!
なんか叫んでるし。

舞台上のダンサーさんがあこねえやらせーこちゃんやらというのもとってもスゴツヨで、これまた目が離せません。
ザッツ野獣。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。