『インフィニティ』感想・8

すごくどうでもいい話。

おとめをみたら、あすレオの身長が研1のとき167センチで、研2以降は168センチに伸びていた。

ジェンヌの身長なんて「公称」ですから元から信じちゃーいませんけどね。特に168センチ以下の男役と164センチ付近の娘役は。
しかし2人そろって伸びなくても。
こんなところでまで仲良し…なのか?(そもそも仲がいいかどうかすら知らんが)

インドの場面、クビを申し渡された侍従役のコマが戻ってこないなぁと思ったら、次の場面が待ってるのですね。
歌がコマ、踊るのが翔くんとレオくん。
コマの歌は雰囲気があってよかったです。

ダンス担当の翔くんは男だけどレオくんは女役。ぶっちゃけよくできたオカマさんです。

いいのよー。
男役の女装はオカマ感がただよってナンボだわよー。
それにキレイだと思ったわよ、少なくとも私は。

レオくんは「フラワー」すなわち花であるらしい。
ピンクの長袖ドレスを着て踊ってます。
ドレスの色はなんつーか毒々しい…。熱帯に咲く花? 場面はフィリピンだもんね。
スリットからみえる脚がけっこう立派。

「コムさんもまーちゃんも脚は立派だったわ…。ダンサーというのは脚が発達してしまうものなのよ、きっと。うん」

と、とりあえず自分を納得させます。
レオくんのダンスがコムまーに匹敵するものかどうか、というレベルの見極めは私にはできないので、この感想が妥当かどうかはわからないですが。

私が観た回は2回ともストレートの長髪(衣装に合わせたピンクの飾り付き)でしたが、地毛で踊ってた日もあったそうですね。

レオくんは男役顔だからなぁ…。
さぞや「女装」にすら見えなかったことでしょう。それはそれで観てみたかったです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『インフィニティ』感想・8” に対して3件のコメントがあります。

  1. 青組 より:

    今年も楽しく読ませて頂いています。
    今日は「サムライ」の青年館公演千秋楽でした。
    客席で「インフィニティ」プログラムをご覧になっている方々がいらしてちょっと羨ましかったです(笑)
    「ニジンスキー」に引き続き、水さま

  2. 青組 より:

    すみません、途中で送信してしまいました!
    「ニジンスキー」に引き続き、先代トップ水様が青年館楽屋からお出ましになりました。
    寒い出待ちガードでしたが、ちょっとお得でした(笑)
    ブログ、楽しみにしています。

  3. ゆきたろ より:

    >青組 さま
    水さんがいらしてたんですか。
    雪組公演をよく観にこられてますよね。
    出演者のみなさんも嬉しかったでしょうね。それとも緊張が勝ったでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。