『インフィニティ』感想・2

公演が発表されたとき、「「声」が生み出す無限大の力を、世界中の名曲に乗せてお届けする」なんて書かれていたものだから、勝手にエンカレッジ・コンサート的なものかと思ってました。
歌を延々つないでいく形式の、コンサートかと。
「ショー・エンターテイメント。」 って最初から言われてたのにも関わらず。

舞台に乗せられたものは、きっちりした宝塚のショー作品でした。
歌ありーの、ダンスみせーの、群舞ありーの、ソロありーのの、いろんな場面を見せてくれる。
世界巡りの体をなしてるのがこれまたオーソドックスだなぁ。

稲葉センセイは元々好きなショー作家です。
以前から作風は毒っ気のないオギーだ的なことをわりと言われてましたね。
今回のショーはあまりオギー色を感じませんでした。

でもって、ちゃんとまっとうな精神を感じました。

なんかオギーに比べて健やかなんだよね。
そして素直で誠実な感じがする。
(でも記憶違いでなければウメちゃんに「スイートデビル稲葉氏」呼びされていた覚えがあるので、実際はそれなりにクセモノなのかもしんない)

たしか雪公演カルネヴァーレのときの座談会で「作家としての自分のことはどうでもいいから、出演者をちゃんとみせたい」といった趣旨のことを語っていたおぼえがある。
今回もそういう感じを受けました。

まっつの声をみせる。

男役の踊りをみせる。

踊りの上手い子には踊りを、歌のいい子には歌を任せる。
下級生でも無名でも、とにかく出演者に見せ場を作る。
舞台上の出演者にも、バウホールの観客にも、すべての人に、すべてのファンに、みせるべきものをみせる。

「声の力」というテーマでもって、ひとつの舞台を完成させる。

作家のエゴではなく、出演者のために、観客のためにベストを尽くす。

バウホールだからセットは簡素。
大ゼリなどの装置はないし、おそらく予算もそれほどない。

だから頼れるのは演出家と出演者の力量のみ。

稲葉センセイはちゃんと歌詞を書ける人だよな。非常にありがたい。
衣装もよかったし、出演者の出し入れも的確。
場面ごとのメリハリもあって飽きることがない。

出演者がどうこうを置いて、作品として良かったんだ。もちろん好みはあるだろうが。

というわけで、当分「稲葉センセイのショー作品は好きだ!!」と叫び続けることになりそうです。
これからも良作を期待する。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『インフィニティ』感想・2” に対して2件のコメントがあります。

  1. 田中 より:

    座談会にでの稲葉先生の発言と同じスタンスを児玉っちが持ってたら某仮面のような作品が世に出ることも、トップコンビお披露目のショーのデュエダンがインディアンになることもなかったでしょうね。←いい加減根に持つのを止めたいのになかなか…

  2. ゆきたろ より:

    >田中 さま
    あのすごさ(というかひどさ)はなかなか忘れられないですからねぇ…。
    恨みとして根に持つというより、私はずっと忘れずにネタとして扱い続けようと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

架空の人物