『歌劇』2012年1月号・1

●表紙と巻頭ポートは蘭寿さん。
表紙はピンク背景のきれいなマダムといった風情です。

これを「春めかしい(笑)」と油断してはならない。なんせ相手は蘭寿さん。
1枚めくれば、ものっすごい腰のキレを繰り出してくる。

ポーズはかっこいいんだけど、かっこいいんだけど、かっこいいんだけど…!

なんか変なツボに入りますね。
同じポーズを他の人がやってもここまでウケるかどうか。蘭寿さんのキレた腰、というだけで必殺技をみれた喜びが湧き起こりますよ。

……そもそも「同じポーズを他の人がやっても」という仮定がおかしいんですけどね。
他の人はこんなにキレた腰つきをしないと思うもの。

続く見開き(椅子に座ってイイ笑顔)もさわやかすぎて笑えてきます。

蘭寿さんはエロと笑いをくれる素敵な人です。
(私のツボにくる2大ポイント)

●次号(2月号)の表紙は理事様。

新企画として、こういうのが出るそうな。

・「壮一帆」の部屋
・緒月遠麻(紹介イラスト)
・若手アンケート!、他
・オーシャンズ11~未沙のえるを囲んで~座談会

面白そう。
すごく楽しみだわ。

●新春ということで、スターさんたちのポートが載ります。
なんか着物+袴が例年より多かったような…? (めんどうなので確認はしないけど)

すずみんは教祖みたいだな。
「天の声に耳を傾けなさい」とか言いだしそうだ。

ともちんは正月からこんなにエロくていいのだろうか。1人だけ異次元レベルで飛ばしてるんですけど。
シャルルさん(アンソニー・ブラックさんの秘書兼愛人)を思い出したわあ。

着物+袴の真風がものすごくちゃんとしたお嬢さんにみえるのが不思議。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

初赤面