『歌劇』2011年12月号・2

●ランキング・トーク2011星組ということで、ともみん・べにー・れみちゃん。
れみちゃんが娘役扱いされてない気がする。

しかし本人はバサバサしてそうだしなぁ。この扱いが正解という気も…。

●えと文におけるみつるの扱いがすさまじい。
く、首輪…?
じゅっちゃん自重。

タソといまっちの「愛の劇場」を観たすぎる。
私の中でのいまっちの退団理由の一つは「ソプラノで歌い倒したいから」です。
もちろん妄想ですが、10%くらいありうると思ってます。

・ガチャさんのえと文は3ヶ月とも面白かった。ありがとうガチャ様。

今度図書館に行ったら高田純次本を読んでみたいと思った。
開架ならいいが、書庫に入っていたら出してもらうのが恥ずかしいな。
楽天ブックスで検索してたら、唐突に「適当手帳 For Business 2011」が欲しくなってしまった。
手帳を使う生活してないのに。しかも売り切れてるし。ていうか実質去年のだし。

・みちこさまはパフォーマーとして超優秀であらせられるが、イベント系の会社にも就職できそうだ。
研1~研3の宴会芸をみる目はどこのプロデューサーかと。

しかし「北翔(ほくそ)笑み」だの「つかみはOK北翔」だのの言葉遣いがとってもみちこさまであらせられるな。

みちこ様は3ヶ月とも文章がぎっちぎちであった。
でも面白かった。文章うまいし。

今度専科に行かれるので、そのあかつきには樹里ぴょんやガイチさんのようにグラフでコーナーを持っていただきたいと思ったが、下手すれば月時代のえと文の悪夢再びである。(悪夢言うな)
吉と出るか凶と出るか。

●ウメのページは雪組公演についてなのだが、70%スケバン刑事しか語っていない。

●楽屋日記のえーちゃんの写真は「インド系美人」という言葉がぴったりである。
ああ、ビンディーつけたい。

●高声低声のページがいつもより多い。
でもって誰しもが思うであろう『仮面の男』に対する、演出家と劇団へのキツい評が載っている。
溜飲が下がる思いだ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『歌劇』2011年12月号・2” に対して2件のコメントがあります。

  1. さかな天国 より:

    月時代のえと文の悪夢再びってどういう意味なんですか?
    初心者な質問ですいません。

  2. ゆきたろ より:

    >さかな天国 さま
    当時の『歌劇』を探しだすのは面倒なので私の記憶による概略だけですが、
    彼女の月組時代の「えと文」が、公演の舞台裏や生徒の面白ネタなどのエピソードではなく、
    大階段のワット数は? などといったトリビアネタなどで埋め尽くされていたのです。
    たいていのファンはえと文にそういうのを求めてないので「悪夢」と評しております。
    加えて、その前後に書き手がさららんの「えと文」が載っており、これがまた読みにくいわネタが微妙だわで、
    当時の月ファンは半年ほど泣いたわけです。
    (といって、私が当時の月ファンを代表できるわけでもなければ、泣いた人を実際に知っているわけでもないですが)
    私の書いた内容が妥当かどうかはその『歌劇』を実際に読まれることでご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

地上波コラボ